cake-509108_640

無料画像素材

貧BP氏のブログで紹介されたリンクの記事が気になったので、ちょっと書いてみる。今回のテーマとは関係ないけど、ブログに「著作権フリーサイトからもらってきた写真」が貼られてることについてもついでに。

コミュニケーション非言語化時代のブログのあり方

このブログでも、無料でクレジット不要で使える画像素材をいくつか利用してるけど。一番多いのは、「写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】」かな。それで分かったのは、結構大手のニュースサイトでもここの写真を使ってるとこが多いってこと。

ちなみにこのサイトでの、無料素材含めた画像の使い方については、文字だけだと読みにくいと思って入れてるだけ。自分の写真以外の画像の選定基準は、ニュースのイメージ映像的な使い方ができるかとか。あとは連想ゲームみたいに、微妙に関連付けれそうなのとか。こっちは浮世絵の判じ絵とまではいかないけど、ちょっとした遊びでもあるかな。

江戸の判じ絵

官邸ドローン

前置きが長くなったが、本題。下記記事で官邸ドローンの容疑者と、動画配信業の15歳ノエルくんを比較してるんだが。内容は大雑把に言うとこんな感じか。

ノエルくん >>> 超えられない壁 >>> 官邸ドローン

【第65回】明暗分かれた「ニコ生ドローン少年」と「官邸ドローン中年」|すべてのニュースは賞味期限切れである|おぐらりゅうじ/速水健朗|cakes(ケイクス)

おぐら 「ドローン少年」ことノエルくんにはスター性があり、一方で首相官邸ドローンの男は誰も関心を持たない。その違いってなんなんですかね?

速水 まずは年齢だよね。ノエルくんは「少年」って呼ばれることからわかるように15歳。「官邸ドローン中年」は39歳だっけ。

おぐら あとノエルくんは人気ニコ生主、官邸ドローンの容疑者は過疎ブログ。このSNS時代とは相性が悪いというか、対応できていない感があります。

この記事には続きがあるんだけど、無料会員登録してまで読む気ないので、無料公開されてる部分のみの感想。

まず、官邸ドローンの人は過疎ブログというか、おそらく記事は書いてたけど、自首する直後まで公開してなかっただけだと思う。あくまで、計画を成功させるために秘していただけで、最初から犯行前に話題になるつもりはなかったんじゃね。

ノエルくん

記事で官邸ドローンと比較してるノエルくんには、スター性があり動画配信を使った手法を褒めてるようだが。ノエルくんの配信を見たことないので、伝聞による情報での判断になるが。

ノエルとは (ノエルとは) – ニコニコ大百科

彼の行動力には、行為の是非はとりあえず置いとくとして、確かに眼を見張るものはあるが。ぶっちゃけ、同年代で同じことさえすればノエルくんでなくても注目されるんじゃね。まあ、私立中学中退して、公立も登校拒否とか。この状況でも、親が止められないといった環境も必要だが。

もっとも15歳の子に、「金あげるから彼と同じことやってみて」と言ったって、大半はやらないだろう。なんせ、顔出しで動画配信して、ホームページでは本名と自宅住所をさらしてるんだから、怖いもの知らずとしか言えん。

=TOP= of せいやのほぉむぺぃじ

20歳過ぎたら卒業するレベルじゃなく、まともな15歳ならやばいと気づかなきゃまずいだろうってレベル。これを計算して、将来芸能界入りを考えてるとか、稼げるだけ稼いで若くしてリタイアするつもりとかならマジすごいと思うが。そう考えると、彼は特別な存在ではあるが、それでもスター性とは違うと思う。誰だって、事件起こせば有名にはなれるんだから。

官邸ドローン

官邸ドローンに話を戻すと、一ヶ月で全然話題にもならなくなったが。確かに、これはそうかもしれない。けど、ノエルくんがここまでマスコミに注目されるようになったのは、官邸ドローンの功績のおかげでもあると思う。まあ、テレビ代わりにネットで動画視聴してるような人の中では有名人だったかもしれないが、一般人はニュースで逮捕されてようやく「配信業の15歳」の存在を知ったんじゃね。

現時点での話題性は負けるとはいえ、ドローンを使った犯罪者の先駆けであり、ノエルくんもこの事件がなければ、動画配信にドローンを使うこともなかったと思う。社会に与えた影響としては、官邸ドローンの方が圧倒的に大きいだろう。まあノエルくんの事件も、動画配信サイトの運営や学校教育のあり方とかで、今後社会に影響与えるかもしれないけどね。

官邸ドローンの漫画

記事ではロスジェネ世代で無能中年のように書かれているけど、官邸ドローンの人は漫画を描いてたんだよね。これ読んだけど、無駄に絵がうまくて話も面白い。ひどい内容ではあるが、昔の日本でも、程度の差はあれ、こうした少子高齢化対策は行われてきたんだよな。

【衝撃】官邸ドローン事件の容疑者が漫画を描いていたことが判明! 残酷な内容だが絶賛する読者も | バズプラスニュース Buzz+

ハローワーカー _ Yasprey – ニコニコ静画 (マンガ)

官邸ドローンの人は、今回の事件は終活のつもりでやってたみたいだけど。出所してからもう一旗あげれそうじゃね。とはいえ、ブログの記事更新したけど、注目度イマイチだな。これは官邸ドローンに関心がないというより、取り上げると原発問題に触れるから、マスコミ的には扱いたくないって腹があるようにも思える。どうでもいいけど、勾留中でもブログ更新できるんだな。

ゲリラブログ参

今回の感想

そんな訳で、ブログだから注目されないとか、盗んだバイクで走り出したり夜の校舎の窓ガラスを壊して回るような行為をする15歳をスター性があるというのは、ちょっと違うと思う。犯罪起こして有名になった人で、その後スターになった人と言われても思いつかないし。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply