手元の本を売るようになって悟った。多少上下の幅はあるが、古本屋とかで本を買い取ってもらうとゴミのような金額にしかならない。だったら買わなければいい。まあ年間120万円生活を目指してからは読みたい本があれば図書館で蔵書検索してあればそれで済ませる。なければ見なかったことにしよう。

図書館に置いてないような本とか手元に置いておきたいようなものは、ブックオフの105円コーナーにあったら買ったりしたが。定価で買うのは単価の低いマンガぐらい。だが、別に新品を買う必要はないのではないか? 中古で安くすませたっていいじゃない。安値で買い叩かれても取得金額が低ければ差額も少なくなる。新築住宅と中古住宅の関係みたいなもんだね。

とゆーわけで、リアル店舗で見つからない最新刊の古本をネット古本屋で買うことにした。何店か調べてるうちにお目当て以外の物まで買ってしまった。しかも105円以外のまで。いや、だってさ、近所のブックオフじゃ雑誌以外はだいたい105円か定価の半額ちょい上ぐらいの値付けなのに189円とか200円とか250円ってワンコインの範囲でも結構幅があるんだよ。店によっては88円とか100円のもあったり。

次回から利用した4店舗の使い勝手とかをレポート予定。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.