博多久松 博多

20150102a

去年の12/30に届いた博多久松おせち「博多」だけど。元旦に食べようと思ったら、エビがまだ凍ってた。24時間以上冷蔵庫には入れてたが、冷蔵庫の温度設定が低かったのか。それとも、物によって解凍時間が違うのか。まあ、説明にも「どの方法でも必ず途中の状況を確認しながら解凍してください」ってあるから。途中で解凍が進んでないようなら、それだけ重箱から取り出すなど対策を取った方がいいな。

20150102e

ちなみに、前回の記事で書いた、重箱の上の細かいクズだが。冷蔵庫入れる前に風呂敷で包みなおした後は出てこなかった。風呂敷も確認したけど、クズが出るような素材でもないみたい。となると、梱包で重箱を包む時になんらかの原因で付いたみたいだな。重箱からクズを払う前に写真を撮っとけばよかった。

それは置いといて、続いて重箱の中身の感想。

壱の重

20150102b

      1. ふくさ焼/5切
        卵と魚のすり身を混ぜて蒸し焼きにした物。
        キッシュっぽい玉子焼きって感じ。悪くない。
      2. 鳴門金時芋 レモン煮/5個
        あまりレモンって感じはしないが、普通に煮るより美味しく食べやすく感じる。
      3. 味付け数の子/1パック
        これはパックに入ってた薄味の数の子。個人的にはこの半分にカットされてる方がいいかな。
      4. 伊達巻/4切
        しっとりとした食感で甘さもほどほどでちょうどいい。地味に美味しい
      5. 合鴨ロース/4枚
        これはまあ普通。スーパーで売ってる合鴨と大差ないと思えた。
        たいていの売り物は中国産だが、これはタイ産だった。
      6. オーロラふくさ/2個
        紅白餅だけど、あまり餅っぽくないらしい。実は食べてない。
        これと笹カスタードは2個しかないんだよな。他は4個以上なのに。
      7. オマールグラタン/1尾
        オマールエビの身を取り出して、胴体に中身を詰めなおしてグラタンソースかけて焼いたらしいが。
        殻の底にオマールのミソと思われる物が塗ってある。それなので、オマールの当たり外れがないのはいいかな。
        ちなみにこれだけオーブンで温めた。
        味は悪くないし食べやすいけど、これより普通に一匹まるごとボイルした奴の方がいいかな。
        ここのはハサミがないし、頭の中もほとんど取り出してるみたいなので。
      8. 笹カスタード/2個
        半透明な葛餅っぽいのでカスタード味の餡を包んでる。
        笹で包んでるのを除けば、スーパーで4個パック数百円で売ってるのと変わらないかな。
      9. ヨーグルトムースロールケーキ/4切
        普通のロールケーキかと思ったら、中のクリームがヨーグルト味だった。味は普通。
        これならローソンのプレミアムロールケーキの方がいいかな。
      10. ガトーショコラ/4切
        ココスの濃厚チョコケーキ並には美味しいけど、わざわざおせちで食べなくても。
      11. 金団/145g
        濃厚な甘さでちょっと癖があるかな。
      12. 栗甘露煮/5個
        栗は瓶詰めとか安いモンブランに乗ってるような平凡な味に思えた。
      13. 紅白市松蒲鉾/4切
        スーパーの特売品じゃなく、ちょっと高めのに近い味。悪くない
      14. 蛸明太柔煮/5本
        あんまり明太子って感じはしないが味が染みて美味しい。

弐の重

20150102c

      1. 鯖昆布巻/4切
        ちょっと生臭さを感じた。ここのはニシンじゃなくサバなんだな。
        脂がのってる方が好きな人にはいいんじゃない。
      2. いか明太和え/45g
        おためしおせちで食べたけど、本番のはまだ食べてない。ご飯のおかずにする予定なので。
      3. 黒豆蜜煮/85g
        甘さ控えめでくどくなくていい。
      4. ばい貝旨煮/4個
        おためしおせちで食べた時は食感がいまいちだったけど、今回は解凍状態がよかったのかそうは感じず。
        味は多少濃い目の珍味系。個人的にはあってもなくてもどっちでもいいかな。
      5. 田作り/25g
        ぱらっとして味付けもそんなに濃くなく普通に食べられる。悪くない。
      6. 真だらこ旨煮/55g
        これは多少濃い目の味か。普通。
      7. 金柑蜜煮/4個
        甘さは控えめで悪くない。
      8. 祝い海老/5 尾
        解凍状態が悪かったか、水っぽくていまいちだった。これは味付け無しかな。
      9. 鶏つくね照焼/4個
        味は甘めの照り焼きダレで多少濃い目。つくねは歯ごたえがあっていい。
        美味しいんだけど、よく出来た冷凍焼き鳥のつくねって感じ。
      10. 帆立照焼/35g
        ホタテが小さくて味は濃い目。普通。
      11. 華にしん和え/75g
        酢の締め具合はちょうどよく、さっぱりしてる。
      12. 鶏八幡巻/4切
        ゴボウを巻いた鶏肉ロール。薄くも濃くもない味付けでちょうどいい。
      13. 海老のチェダーチーズ和え/45g
        チェダーチーズというよりマヨネーズ風味のチーズソースに思えた。味は悪くない。
      14. 焼豚/5枚
        食事制限のため脂を落として調理しましたって感じのあっさり焼豚
      15. 旨干し塩とまと/45g
        塩トマトというより砂糖トマトの方が適切に感じる。甘いが悪くない。というより、砂糖はいらないと思えた。

参の重

20150102d

      1. 錦玉子/4切
        普通の錦玉子。まあ美味しい。
      2. 大根焙煎胡麻和え/45g
        大根をゴマタレとあえただけだが意外にいける
        タレはちょっとマヨっぽいこってりさはあるが、大根のおかげがあまりしつこくないし食感がいい。地味にヒット
      3. 梅甘露煮/4個
        ほとんどすっぱさを感じず普通に食べられる。甘さほどほど。
      4. 海月べっ甲漬け/35g
        くらげ以外に人工ふかひれも入ってる。可もなく不可もなく。
      5. 鰤照焼/4切
        普通のブリ照り焼き。多少濃い目。
      6. 椎茸山椒煮/5枚
        シイタケに味がしみこんで濃い目に感じる。
      7. 小鯛ひしお焼/4個
        味付けがほどほどで、魚系の中では素材感強め。悪くない。
      8. カシューナッツ飴焚き/25g
        おせちにカシューナッツという取り合わせはともかく、味は結構いける
      9. 香箱蒲鉾/6本
        一見カニの足っぽいカニカマ。結構良く出来てるが、おせちなら本物入れて欲しいか。
      10. 子持ちいか/5個
        イカの頭に魚の卵を詰め込むという面倒くさそうな一品。味は無難。
      11. 豚軟骨煮/1パック
        パック入りの豚軟骨煮。軟骨より周りの肉の部分が多い。軟骨も柔らかく、あまりコリコリ感はない。
        味は濃い目だが悪くない。
      12. 鶏松風/5切
        鶏を炒って各種素材と合わせて蒸し上げたらしいが、鶏肉はすり身か? 地味だが悪くない。
      13. ひすい若芽/45g
        ワカメをごま油とかであえてる。まあ普通。
      14. たたき牛蒡/45g
        解凍状態なのか元からそういうものかは不明だが、ゴボウの食感がいまいち。ちょっとすっぱい味付けだがまあまあ。
      15. 紅白短冊ナマス/35g
        普通にナマス。無難。
      16. 秋刀魚あられ煮/55g
        ちょっと濃い目の味付けかな。悪くはない。
      17. 数の子松前漬け/45g
        普通の松前漬け。数の子は「味付け数の子」の方が美味しいかな。

今回の感想

今回のおせちには15800円かかってるわけだが。これだけの種類を自分で作ったり個別に買うとなると、多人数で分けるでもしないと割高な小分けで買うか、量が多くて余ったりするだろう。その金額と手間暇かかる事を考えれば、おせちまるごと買った方がコスパは高いかもしれない。もっとも、46種類も必要ないとか、どれも少しだけじゃなく、好きなのだけ大目みたいにメリハリをつけるなどすれば、もっと安く済ませることは出来るかもしれんが。まあ、市販のおせちと同じぐらいの規模のおせちを用意しなければならないなら、買うというのも悪くないんじゃね。

個人的に改善の余地があると思ったのはお菓子系かな。お菓子系が入ってること自体は悪くないと思うけど。コスパを考えると、自分で好きな物買った方がいいと思う。単純に値段で品数を割ると一品当たり約343.5円だから、それなりの物が買えるだろう。

肝心のおせちの味だが、全体的に味の濃い薄いとかはあっても、あまり不自然さは感じないかな。特別美味しいってのがなければ、まずくて食べられないってのもない。量が多いけど一品ずつはあんまり多くないし、全部食べるのが苦痛に思うことなく食べられるぐらいのレベルではある。

それと、おまけについてた雑煮のだしは、用量どおりに作るとちょっと濃い目かな。まあ、濃縮タイプなので好みに合わせて調整すればいいだけだが。

他に、良かったと思うのは重箱の紙容器。各お重に入ってる小さい箱は取り外せるので、食べ終わった奴を取り出して詰めれるのは片付けに便利。

トータルでの判断は、市販のおせちの値段は割高だと思うけど。他社のおせちと比べれば、今回買った博多久松「博多」は悪くない価格設定には見える。来年用のおせちを買うとするなら、他社の内容と価格設定にもよるが、少なくとも博多久松のおせちは次の候補の一つになってるかな。貧民的にはおせち不要か、市販品でも品数絞って予算を低価格に抑えるとかしたいところだが。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.