グーテ・デ・ロワ

今日はガトーフェスタ ハラダグーテ・デ・ロワを食べたよ。フランスでお茶会をGOUTER de ROI(王様のおやつ)というのが、商品名の由来らしい。

20141110a 20141110b

などとたいそうな説明があるが、ぶっちゃけ単なるラスクなんだけど。この手の商品はいくつかあるけど、これは後引く美味しさ。材料や製法にそんな違いがあるとは思えないけど、なんか違うんだよね。

ガトーフェスタ ハラダ

ガトーフェスタ ハラダのラスクには、他にもホワイトチョコレートとかミルクチョコレートがコーティングしてあるのや、スパイスとかが入った甘くない奴もあるけど。個人的には、砂糖とバターだけの奴がシンプルで一番好きだったりする。

チョコがコーティングしてあるのは美味しいことは美味しいけど。チョコが強すぎて、ラスクの味わいが上書きされてもったいなく感じる。特に、両面にチョコがかかってるのだと。甘くない奴は、油っぽさが増してくどくかんじた。

そんな訳で、普通のが一番飽きがこなくていいかな。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.