a0055_000855

国民年金

いつのまにか、国民年金に2年分まとめて払う、2年前納なんて制度が出来ていたのか。毎月保険料を納めるより、2年前納だと14800円安くなるんだって。ちなみに1年前納の割引額3840円だけど、これは1年分の数字だな。来年の1年前納の保険料がが分からないから正確ではないが、これの2倍だとすればだいたい1ヶ月当たり320円の割引。2年前納だと約616.7円だから、結構差がある。

平成26年4月から国民年金保険料の「2年前納」が始まりました

1年前納と2年前納どっちがお得?

そうなると、国民年金を払ってる人なら2年前納にした方が安いのかと思ったら。1年前納の方が特になる場合もあるという記事を見つけた。

国民年金保険料 2年前納より1年前納がお得になる場合とは?

この記事の主張をまとめると、「1年前納だとクレジットカードが使えるけど、2年前納は使えないので、クレカのポイントを考慮すれば、2年前納より1年前納がお得になるケースがある」って事だが。

以下、個人的にこの記事の内容を検証してみる。

クレジットカードのポイント

まず、クレジットカードのポイント還元率を1.75%で計算してるが。一般的な還元率は0.5%だぞ。私のメインの楽天カードでも1%だというのに。

楽天カードについては↓
働きたくないけど働かなきゃいけない新社会人へ -貧乏人こそクレジットカードは必須だよ-

また、クレジットカードによっては、国民年金保険料はポイント対象外の場合もあるので注意。クレカで支払う前に、カード会社に問い合わせといた方がいいだろう。

年金でポイントがつかない例
国民年金保険料もカードでお支払い:クレジットカードの三井住友VISAカード

所得控除

続いて、1年前納より2年前納の方が保険料を多く払うから、受けられる所得控除も多くなると言う指摘だが。「所得税・復興特別所得税・住民税の合計税率が30.42%の区分」だと、年収は「330万円を超え 695万円以下」の区分に入る。

No.2260 所得税の税率

高所得者になるほど有利だけど、低所得者だと不利になるな。

金利

最後に、クレカ払いの1年前納(179750円)と口座振替の2年前納(355280円)との差額(175530円)を銀行に預ければ、金利分得すると書いてるが。今までと違って、具体的な数字を出してない。まあ、楽天銀行の9/16時点だと1年定期が0.12%だから、税金引かれると170円弱だけど。キャンペーンとかで0.3%ぐらいあれば、422円ぐらいになるな。

とりあえず新生の2週間満期預金とかに入れといて、キャンペーンの高金利定期を待つのが得策か。

2週間満期預金についての記事は↓
2週間満期預金 | 年間120万円生活 -働きたくねぇ.com-

クレカ払いの1年前納が得になるケース

そんな訳で、クレカ払いの1年前納は、銀行がキャンペーンで高金利の定期がある時や、クレジットカードのポイント還元率が高ければ2年前納より特になるかもしれない。しかし、還元率1.75%のカードなんてあるのかよと思って調べたら、REX CARDというのが見つかった。

初年度年間費無料翌年度条件付(年間利用50万)無料だから。月2万ちょっとぐらいクレカの支払いがある人なら悪くないカードかもしれん。今メインで使ってる楽天カードには、更新時にEdyをつけてしまったが。楽天カードは、Edy搭載カードだと更新のたびに金が取られるようになったからな。次回更新時にEdy無しのカードに戻せない時の為に、REX CARDが使えるか検証する必要がありそうだな。

楽天カードのEdy発行手数料については↓
楽天カードを作るならEdyは付けるな -無料カードじゃなくなるよ-

REX CARDについては↓(2014.9.19追加)
REX CARDとREX CARD Liteってどうよ? -還元率1.75%の条件付無料と1.25%の無料クレカ-

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.