古本屋開業入門―古本商売ウラオモテを読んだ。

ブックオフとか台頭する前の昔ながらの古本屋店主が書く古本屋指南書とでもいうのか。あの頃の古本屋といえばカウンターに座ってるだけで気楽な商売だと思っていたが、コレだけで生計立てるとなると結構たいへんなんだよというリアル店舗の苦労が分かる。

ガキの小遣い稼ぎじゃないんだから、一家を養うぐらいの稼ぎをあげるには利益率を上げなきゃいけない。そのためには客から本を買いたたく。
売り上げを上げるにはたくさん売らなきゃいけない。そのためには大量に買いたたく。大量に買えば中には売れる本もある。売れなきゃ捨てる。

こんな感じで古本屋成功における「買い」と在庫を充実させることの重要性を説いている。せどりだと店から買うから仕入れ値がどうしても高くなってしまう。在庫も最低1万冊と敷居が高い。

ネット古本屋になろう!―無店舗で勝ち残れ!という本も読んだが、こちらも「買い」と在庫を充実(最低1000冊)させることは大事だと書いてる。著者はスーパー源氏の開設者。私見ではココも従来からある古本屋の延長線上でやってる気がする。日本の古本屋ほど従来よりじゃないけど。

話がそれたが、内容的には興味深くて楽しめた。
ちなみに「ネット古本屋になろう」の方も読む分にはそこそこいける。ただ、この本で紹介されてるネット古本屋を見てると自分でもやれそう、と勘違いしてスーパー源氏に加入しようかなっとか考えてしまう。しかし、ここに出てるのはあくまで成功例。この裏には多数のムクロが転がってると見た。株とかFXもそうだけど、その手の体験談って儲かった人しか出てこないよね。

とゆーわけで、せどりは大変だからちょっとネット古本屋でもやってみようかなーとか思ってたんだが、すいませんでした。働かざるもの食うべからずとかよく言ったものです。でも、働きたくねぇ。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.