バリューブックスに買取依頼してた本の査定が来た。1冊単価@23円ぐらいでそれほど悪くない。が、買取不可が9割弱。コンディションなのか、買取非対象なのかはタイトル別の明細ないので不明。どういった本に値段が付くかの傾向も分からず。

というわけで返送してもらった。5冊以上なら送る時の他にキャンセル時の返送料も無料なのはありがたい。利用する側としてはこれだけ低リスクだと安心できる。しかし、こんな太っ腹なサービスでやっていけるのだろうかと心配してしまう。

アメリカの企業で無料ドリンク・フードや施設など、福利厚生を充実させてるところがある。Googleだと社員食堂は有名シェフが作ったビュッフェ形式でしかも無料とか。目的は人集め。待遇をよくして優秀な人材を集めようとするわけだ。

バリューブックスもそんな感じで高価・希少本を集めようとしてるのだろうか? ここに買い取ってもらえそうな書籍があるなら、返送料無料だから利用価値はあるかも。私の手持ちの本では無理そうだから縁がなかった。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply