20140125a

楽天koboイーブックストア角川65周年記念の70%オフのキャンペーンなんだけど。巻数多い本を買う前に試しに1冊、「Gsあんだーぐらうんど(1)」を買ってみたよ。クーポン入力するのが面倒だから、Kindleにしようかと思ったけど。この本、最初に調べた時は、Kindleストアだと割引されてなかったんだよね。今みたらちゃんと70% OFFで228円になってるけど。

それにkoboだと、まとめ買いでクーポンキャッシュバックキャンペーンやってるんだよね。3000円以上1000円、1万円以上5000円、3万円以上3万円なんだけど、例によって1回1枚しか使えずお釣りも出ない250円クーポン複数だけど。エントリーすればクーポン使用しても適用されるのは魅力。当然「クーポン適用後の金額」だけど。

購入予定金額を計算したら、3000円は超えそうだったんで。1000円(250円×4)のクーポンもらえるなら、2冊は「男坂」、残りもなんかジャンプコミックとかで使えるし。クーポン入力の合計時間も、せいぜい分単位だろうから。時給換算しても割に合うと判断した。

角川文庫創刊65周年記念!角川書店祭り

エントリー&まとめ買いで最大30,000円分クーポン還元

とりあえず読んでみたら、かなり画質が悪く感じた。作品は4コマ漫画なんだけど。通常の台詞は問題ないが、ルビとか手書きの文字だと拡大しないと読めなかったり、拡大しても判読不能のさえあったよ。

画質比較

そんな訳で、今後の購入をkoob・Kindleのどっちにするかを決める判断をする為にも、各社の画質を比較してみる事にした。とりあえず、Kindle Fire HD 8.9キャプチャ画像を並べてみる。各画像は向かって左から、BOOK☆WALKER・eBookJapan・Kindle・koboの順。koboは製品版だが、他はサンプル。拡大なしの画面キャプから、一部をトリミングしてます。

20140125bookwalker 20140125ebookjapan 20140125kindle 20140125kobo

eBookJapan

パッと見だと、どこも変わらないように見えるが。吹き出しのセリフ、特にルビを比較すると違いが分かると思う。eBookJapan以外は、文字がつぶれて判別できない。eBookJapanも、判読しやすいってわけではないが、なんとか視認はできる。続いて、キャラの頬に注目してみると、eBookJapanは左頬の赤みに線を入れてるのが分かるが、他のだとぼやけてるようにしか見えない。

eBookJapanが一番画質が良いのは分かったので。今度はこれを基準にして、画像を拡大して他社のと比較してみる。興味がある人は、自分でも拡大して確認してみてください。

BOOK☆WALKER

まずはBOOK☆WALKER。拡大して比較すると、全体的にぼやけてるのが良く分かる。複数の集中線が1本に見えたり。髪と肌や背景など、色の境目にブロックノイズが目立つ。後は髪の毛の影も境目がはっきりしない。個人的には、今回の比較画像だとBOOK☆WALKERが一番画質が悪く見えた。

Kindle・Kobo

この2社を一緒にするのは理由がある。私の目には、KindleとKoboの違いがよく分からなかったので。eBookJapanとの比較はBOOK☆WALKERと同じだけど、BOOK☆WALKERほど劣化してない。実際に、BOOK☆WALKERの画像と比較してみると、Kindle・Koboの方がまだマシだと分かるだろう。

総評

今回の比較結果はこうなりました。

eBookJapan > 越えられない壁 > Kindle・Kobo > BOOK☆WALKER

おそらくeBookJapan以外の3社は、サイズを抑える為画質を犠牲にしてまで、画像の圧縮率を上げてるか、ノイズフィルターかけて画面をぼかしてるのではないだろうか。

結局どこで買えばいいの?

いくら70%引きでも、コミックで台詞や手書きの小さい文字とかが判別不能なのは困るよな。Kindleだと、不具合起きる電子書籍が、後日勝手に更新されたりしたから。技術的には、高画質版に差し替えられた時に、再ダウンロードは可能だろうけど。実施される保証はないしな。もしかしたら、Kindleストアの電子書籍だからではなく、Kindle端末で買ったからかもしれんな。

画質的には優位に立ってるeBookJapanだが今回の70%引きの前には、全巻まとめ買いのポイント増量程度では、と思っていたら。eBookJapanも角川書店のセールに参戦したよ。2014/1/30までの1週間で、50% OFFだけど。



とはいえ、巻数が多くなればなるほど、50% OFFと70% OFFの価格差は広がっていくよな。しかも、セール対象品は全巻セットもないし。そうなると、通常のコミックやラノベなら、安いKobo・Kindleで買うとして。小さい文字で台詞を手書きしてたり、枠外に細かい字でなんかいろいろ書いてあるような奴で、画質にこだわりたい作品なら、多少高くてもeBookJapanにした方がいいかも。

まあ、角川書店のコミックについては、Koboがkindleに対して画質の優位性がない事が分かったのは収穫か。これで今回のキャンペーンでは、システムやポイント・キャンペーンといった条件で、購入の判断ができる。

参考 Kindle・KoboのMF文庫Jでの比較については↓
楽天ポイント以外でも、Kindleストアより楽天koboで電子書籍を買った方がいい理由があったとは

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.