20131110a

以前に楽天のお口の専門店で歯ブラシとかを買ったって記事を書いたが。その時に買った、CiメディカルのCi 20シリーズのCi 23を使ってみた。この商品は「知覚過敏や歯肉が炎症している方にオススメします」だから、そういった症状のない私には不向きではあるが。ただ、朝使うにはあまりブラッシング力の強くない方がいいんで、これにしてみた。

Ci 23使用感

1日1回ペースで三ヶ月ぐらい使っての感想。まずは外見。柄とブラシ部分の間が細長いシルエットが特徴的。ヘッドは1円玉との比較画像の通りコンパクト。柄は、平べったいフラットハンドルで厚さも薄い。重量の軽さと相まって持ちやすくなってる。

20131110b 20131110c 20131110d 20131110e

続いて実際に使ってみて。ブラシが疎毛タイプなだけあって、毛束の間のすきまが目立つ。その為か、磨き心地は軽めに感じた。確かにこれなら歯や歯肉への抵抗は少なそうだ。加えて、軽くて薄いハンドルのおかげで、磨きやすさもかなり良い。歯科医院専用を謳ってるだけの性能はあると思う。

ただ、同じ回数を磨いた場合、他の密集タイプと比べると磨けてないようにも思える。同じぐらい磨こうと思うと、時間とブラシを動かす回数が多くなる。まあ、朝はそこまで念入りに磨かないし。食後時間を置いてから歯みがきできないこともあるので、それはそれでいいと思ってる。食後すぐに歯みがきしないほうがいい理由は、以前の記事に書いてます。

食後すぐに歯を磨いちゃダメ。ゼッタイ。

Ci 20シリーズって買い?

そんな訳でこのCi 20シリーズは、歯や歯肉への摩擦を減らしたい人にはいいんじゃないかな。これも使い心地は、ハンズとかで1本248円ぐらいで売ってる歯科専用ブラシに劣らないと思えたよ。買う時の選ぶ基準は、Ciの後ろの数字によってブラシの固さが違うので、お好みの固さで。今回レビューしたCi 23は「やややわらかめ」です。この製品の特製を考えると、あまりかたいのを選ぶ理由はないような気がする。

ちなみに、普通の歯ブラシの方がいいって人は、Ci 200シリーズかCi PROって製品がある。私は買ってないので評価は出来ないが、製品の写真を見る限りではブラシ部分以外は同じような形に思える。

真打登場

実を言うと、Ci 23より先にタフト24のミディアムソフトを使うつもりだったんだけど。予定変更してCiメディカル製のにしたのは、この会社のCi PRO歯ブラシが、楽天のオーラルケアのDODでは1本62円で売ってるからなんだよね。次にそれを買うかどうかの判断基準になればと思ってみて。なんせ、Ciメディカルと言えば、お口の専門店で買ったフロスがいまいちな上に中国製だったからな。まあ、Ci 20シリーズは日本製だからいいけどさ。

ただ、オーラルケアのDODの方は送料無料ラインが7000円以上の購入と、敷居が高いのが難。メール便対応商品なら210円ですむけど。一方、お口の専門店は宅配便は6000円とあまり変わらないが、メール便は120円と安めな上、1980円以上で無料になる。それでも歯ブラシのみ3本以上の買物なら、1本あたり30円以上安い、オーラルケアのDODでCi PRO買うほうが安上がりかな。お口の専門店、久々に見たらタフト24値上げされてるし、限定SALEも終了しちゃってるし。

タフト24のレビューと限定SALEがあった頃のお口の専門店の注意事項は↓
歯科専用歯ブラシは高いけど、タフト24なら100円前後で買えるよ

本日のまとめ

今ある歯ブラシのストックが切れたら、Ci PROを固さ変えて少数買いしてみて。問題ないようなら次からはまとめ買いしようかな。普段使いの夜用なら、値段が62円ってのは何にも代えがたい。やわらかめがCi 23と比べて歯と歯肉への負担が許容範囲なら、朝もこれにしちゃおうかな。

という訳でCi 20シリーズのレビューなのに、Ci PRO安すぎって結論に達してしまった。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply