ようやく日本でも新型のKindle Fireシリーズ発売の発表があったよ。HDが11/5、それ以外は11/28の予定。価格は、ディスプレイが7インチで1920×1200のHDXが24800円から。8.9インチで2560×1600のHDX 8.9は39800円から。8.9は今のところ旧モデルもHD 8.9(1920×1200)も24800円で併売されてる。新型のFire HDは画面サイズの変更無しで15800円から。

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

新品価格
¥24,800から
(2013/10/16 19:55時点)

2013年モデルのKindle Fireは2012年のと比べて、だいぶ高くなった。スペック的には妥当なのかもしれないが。Google Play非対応で他社の縛りがないタブレットとの価格差がここまで小さくなると、Kindle Fireを選ぶメリットってなくね。ぶっちゃけHDXに24800円払うなら、3000円追加してもGoogle謹製のNexus 7 (2013)にした方が良くね。

これよりもっと残念な事になってるのが、HD。旧モデルから価格据置のように見えるが、2013年モデルは内蔵ストレージが2012年の16GBから8GBに半減しての15800円。ちなみに16GBだと17800円と値上げされてる。この値段なら、3000円引きで12800円になってた2012年モデルのKindle Fire HDを買っとくのが正解だったかな。Amazonの事だから、日本市場には戦略的な価格を提示してくるだろうと思ってたけど。とんだ買い被りだったぜ。

とは言うものの、米国Amazon.comでの価格はHDが$154、HDXが$244、HDX 8.9が$394だから。レートを計算すれば、HDが102.6円、HDXが101.63円、HDX 8.9が101.01円と、市場とそんなに変わらないんだけどね。ただ、Kindle Paperwhiteシリーズが信じられないような値段付けてるから、かなり期待してたんだけど。

なんせ、Kindle Paperwhiteが9980円、Kindle Paperwhite 3Gは14800円。米国では$139と$209で売ってるので、レートを計算すると3G無しが1$=71.80円。3Gが70.81円。為替市場が、1ドル100円切るぐらいの状況でこのレートとは。しかも、9800円のWi-Fi版(3Gは不可)のニューモデルなら、kindle本に使える1980円分のクーポンまでもらえる。

Kindle Paperwhite ニューモデル発売記念、1,980円分の電子書籍用クーポンプレゼント

新しいKindle Paperwhiteの発売を記念して、2013年9月4日(水曜日)から11月30日(土曜日)まで、Kindle Paperwhite(ニューモデル)を購入すると、Kindle本の購入に使える1,980円分のクーポンがもらえるキャンペーンを実施中。

結論

2013年モデルのKindle Fireシリーズはスルーでいいと思う。この後、キャンペーンとかで値段下げてくるんなら別だけど。少なくとも、10/22に予定されている、Appleのイベントでの発表を待ってからでも遅くはあるまい。今回のKindle Fireシリーズの価格帯は、噂されている新型iPad・iPad miniとバッティングしそうだし。何より、発売まで日があることだし。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply