最近無料クーポンに釣られて、楽天koboイーブックストアで電子書籍を買ったわけだが。果たして、今後金出して買っても、大丈夫なんだろうか。紙の本だとAmazonでも楽天ブックスでも、あまつさえブックオフの古本だろうが、買った本は同じ本棚に入れるよな。けど、電子書籍の場合はそんな当たり前のことが出来ない。AmazonのKindleストアで買った本は、Kindle端末かアプリ。楽天koboならkobo端末かアプリ。その他のサービスでも、そこが提供するアプリを使わないと読めない。

サービス終了したらどうするよ

数冊程度ならスマフォで買ったkobo本をすべてダウンロードしておく事も可能だろう。だが、大量に購入するなら、全部保存しておくわけにもいくまい。そうなると、あまり読まない本などはサーバに置いておきたい。たいがいのサービスはそういった保管機能があって、購入した本を再度ダウンロードできる。だが、楽天koboの販売規約には下のような事が書いてある。

kobo:電子コンテンツ販売規約

お客様は、コンテンツの購入後速やかに、コンテンツをお手持ちのKobo対応端末にダウンロードしてください。原則としてお客様はお持ちの端末にはコンテンツを必要に応じて何度でも再ダウンロードできる設定ですが、出版社または権利者の意向等により、随時Koboのサーバーから削除されるコンテンツもあります。その場合、お客様には事前に告知を行うよう努めますが、緊急の場合等、お知らせが事後となることもあります。Koboは全てのコンテンツにつき、無期限にダウンロードできることをお約束・保証するものではありません。

そりゃあ今後永遠にサポートしてくれるとは思ってないが。けど、サービス終了してアプリのアップデートとかも無くなったら、将来的には買った電子書籍が読めなくなるかもしれない。たいがい売り物はDRMとかのプロテクトで著作権保護してるから。単純にファイルコピーしてもダメだろうし。いっそ、Amazon MP3みたいに、DRMフリーのファイルで配信すればいいのに。

現実的な対応策としては、PCで購入した本のファイルをダウンロードしてバックアップを取るしかないか。それを移せる環境を取って置けるかはさておき。まじで、電子書籍で4桁以上の蔵書抱えてる人とかは、いったいどうしてるんだろう。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.