新型のiPhone5s/cが発売されてるみたいだが、あれってまじ高くね。2年間使い続ければ実質0円とはいえ、その間くそ高い携帯電話会社の月額料金を払い続けなければならないんだぜ。以前はWillcom、今は携帯はソフトバンクのホワイトプラン980円のみ。ネットはGMOとくとくBBのイーモバイル3Gをクーポンで2120円しか払ってない私からすると、キャリアのパケ放題系プランに加入してる人って、経済観念なさすぎじゃね。

実際、社員の平均年収が1000万越えてる、ソフトバンクの月額使用料はどれぐらいするのか。iPhone 5sの16GBで契約した場合で比較してみる。条件は、「パケットし放題フラット for 4G LTE」で、2年間の利用とする。

iPhone 5s の料金・キャンペーン | iPhone | ソフトバンクモバイル

ホワイトプラン基本料980円+S!ベーシックパック315円+パケットし放題フラット for 4G LTE 5460円。合計すると6755円。これに機種代金が24回分割の場合2835円かかるが、月月割の差し戻し分が-2835円あるので、24ヶ月利用すれば端末代金は実質0円となる。ちなみに既存ユーザーが機種変した場合は、差し戻し-2245円で、毎月の請求額が590円増える。実質的な端末代金は、590円×24ヶ月で14160円。まあ、実際はキャンペーンとかがあるから、これより安くなるとは思うけど。

4Gスマートフォン/ 3Gスマートフォンのパケット定額サービス | 料金・割引 | ソフトバンクモバイル

だが、「パケットし放題フラット for 4G LTE」のサービス内容はトラップ満載の要注意事項盛りだくさんだったりする。CMではさんざん動画も見れるとか、通信速度の速さを謳っているが。実際のサービスには、通信速度の制限がある。

通信速度低速化について

・1GB/3日間超過時(各社共通)には速度制限が行われる場合があります。(通信速度制限について)
・毎月ご利用のデータ量が7Gバイトを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128Kbpsに低速化いたします。
・通常速度に戻すお申し込み(上記データ量超過後、2GBごとに2,625円加算)は、My SoftBankまたは法人コンシェルサイトからお手続きください。また、通常速度に戻すお申し込みを毎回不要とする設定も可能です。
・通常速度に戻すお申し込みは、電話0800-111-5590(無料)からもお手続きいただけます(法人契約のお客様はご利用いただけません)。
・通信速度低速化の予告/開始をSMSにてお知らせいたします。お知らせが不要の場合はMy SoftBankで設定をオフにすることができます。

「1GB/3日間」については、ソフトバンクの胸先三寸ぽいが。これが頻繁に実行されるようだと、スマフォでも相当きついと思う。ちなみに、規制対象は当日を含まない直近3日間で、この間に1GB超えると当日6時から翌6時までの24時間、通信制御をくらう模様。

もう一つの1ヶ月で7GB超えると請求月末まで制限される方は、確定事項のようだ。こっちはiPhoneのみならそんなに心配する事はないだろうが。外でも常に動画を見てるような人でもなければともかく。通常はプロバイダ契約して家ではWi-fi使ってるなら大丈夫だろうけど。

ただ、iPhone5s/c発売と同時に受付開始される、テザリングオプション(月額500円だが今なら2年無料)を利用するなら要注意。一応、有料後は「テザリングオプションに加入いただくことで、通信速度低速化までのデータ量が500Mバイト追加となります(月額使用料無料期間は追加なし)」で、7G制限の方が少し緩和されるが。これPCでネットするのに使うんなら、焼け石に水だと思う。1日中テザリングで繋ぎっぱなしとかはしないとは思うが、PCだと予想以上に通信量多いからな。外出時にノートPCでの一時利用に限定しとかないと、すぐ制限越えると思う。

テザリングオプション | iPhone | ソフトバンクモバイル

もっとも、規制されたとしても動画を見るとかでなければ、128Kbpsもあれば十分だと思うが。ただ、ソフトバンクの通信制御って、速度制限だけじゃないんだよね。

ご利用の際に通信制御することがある内容について | お知らせ | ソフトバンクモバイル

上記リンクによると、「音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス」、「MPEG、AVI、MOV形式などの動画ファイル BMP、JPEG、GIF形式などの画像ファイル」、「動画閲覧、高画質画像閲覧をともなうサイト、アプリケーションなど」が、「ご利用の際に制御することがあるコンテンツ・サービス」になっている。

さらに、「その他パケット通信時に、最適化したファイルを機種側で復元できるなど、お客さまの通信に影響がない場合には、各種ファイルの最適化を行います。」、「パケット通信時に、コンテンツに表示されない部分のデータなどにつきましては、通常の視聴・閲覧に影響のない範囲でダウンロードの際に省略する場合があります。なお、省略されたデータは復元できません」って事は、不可逆圧縮かけたり間引いたりするって事かよ。

これはつまり、iPhone買っても動画はほどほどに。ゲームとが大サイズのアプリは落とすなって事だな。パケットし放題ってサービスだけど、看板に偽りありだろ。上記ページによると、中画質の動画閲覧の通信料の目安を、20分で75Mバイトとしている。1GBだと4時間26分ぐらいだから、動画(だけなら)は1日1時間28分まで。

それぐらい見られるなら十分だと思う人もいるだろうが。ソフトバンクが例にした中画質でサイズが20分75MBというのは、ビットレートにするとだいたい500kbps。YouTubeの推奨されるビットレートを参考にすると、標準画質のアップロードは360pでも映像だけで1000kbps。480pなら2500kbps。解像度にすると、360pは640×360。480pは854×480。

ちなみに、iPhone 5Sの画面サイズは1136×640。それを考えると解像度は、360pでも小さすぎ。480pぐらいは欲しいよね。むしろ、720pの1280×720を縮小したっていいぐらいじゃね。720pだと5000kbpsになるけど。というわけで、YouTubeの標準画質で計算してみると下のような結果になる。

タイプ解像度ビットレート1GBで見れる目安
360p640x3601000kbps2時間10分
480p854x4802500kpbs52分
720p1280x7205000kbps26分

高度なエンコード設定 – YouTube ヘルプ

というわけで、月額料金の高さというよりは、ソフトバンクのパケット放題サービスの制約にしか言及してない気がするが。まあ、月額7000円弱を24ヶ月も払い続けるサービスの対価としては、割りに合わないと思うよ。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply