なんか、マネックスがまたマネックス債を売り出すらしい。

年利率0.70%(税引前)期間6ヶ月 個人向けマネックス債(2013年6月7日)/マネックス証券

年利率は0.70%とあまり高くないが、期間が6ヶ月と短い。第28回ってことは、以前の記事で書いた後にも売り出してたんだな。調べてみると、第27回は今年の4月に売り出したんだな。いずれも売り出せば完売するぐらいの人気はあるようだ。今回も例によって「先着順受付で販売金額に限りがございますので、どうぞお早めにお申込みください。お申込みは2013年6月18日(火)14時まで!」となっているので、興味のある方はお早めに。

参考までに第26回についての記事は↓
第26回個人向けマネックス債ってどうよ? -期間1年で年利率1%は気になるよ-

100万円をマネックス債とか定期預金に入れる予定がある人向けのキャンペーン

マネックス債に100万円預けた時の例として、利金を2789円受け取れると書いてある。けど、100万預けるんならもっといい所があるよ。それは楽天銀行のキャンペーン。ただし、楽天証券の口座も開いてマネーブリッジに登録しないといけないけどね。

楽天銀行と楽天証券の同時口座開設&楽天銀行のお預かり資産残高30万円以上でもれなく2,000ポイント

まずは、楽天銀行の資産残高30万円以上で、楽天スーパーポイントが2000ポイントもらえるキャンペーン。

条件は次の手順を踏む事。

1. 2013年7月31日(水)までに、「口座開設申込開始」ボタンから、楽天銀行口座と楽天証券口座を同時に申し込む

2. 2013年8月16日(金)までに、楽天銀行口座と楽天証券口座開設後、「マネーブリッジ」の設定と、「ハッピープログラム」エントリーを完了させる。

3. 2013年8月25日(日)23:59時点で、預かり資産残高が30万円以上ある。

楽天ポイントは、「2013年10月中旬から2013年11月初旬までに楽天スーパーポイントを付与いたします」との事。ちなみに30万入金でこのキャンペーンを受けるだけでも、5ヶ月間で税引き後の年利率1.6%の金利に相当する。マネックス債に30万ぐらいつぎ込もうとしてるなら、こっちの方が桁違いに効率がいい。もっとも、現金ではなく楽天ポイントになるけど。

このキャンペーンの詳細は↓
http://www.rakuten-bank.co.jp/assets/intermediation/campaign/kouza-130530.html

マネーブリッジ登録とお預入れで現金プレゼントキャンペーン

続いては、「マネーブリッジに登録後、普通預金に30日間100万円以上新規に預入れることで2,000円プレゼントされる♪」キャンペーン。適用条件は下記すべてを満たす事。

1. 本キャンペーンにエントリーが完了していること
2. マネーブリッジに登録してあること
3. マネーブリッジに登録後、普通預金に30日間100万円以上新規に預入れること

なお、3については、2013年6月4日の普通預金残高が基準になる。新規で口座開設すれば、0円からのスタートになるけど。基準日よりも、100万円以上多ければ1日としてカウント。少ない日はノーカン。なので、8月30日までの間にカウント対象になる日が30日以上あればオッケー。

プレゼントは、「9月中旬~下旬を目処に対象となる楽天銀行口座へ入金」される予定。このキャンペーンだけでも、実質3ヶ月で税引き後の年利率0.8%に相当する。

キャンペーンの詳細は↓
http://www.rakuten-bank.co.jp/campaign/moneybridge-130524.html

マネーブリッジ登録すれば普通預金の金利が0.10%になるよ

そういうわけで、6月に楽天銀行・楽天証券の口座開設。楽天銀行に100万円入金して、キャンペーンにエントリーすれば、5ヶ月で2000円相当の楽天ポイント。3ヶ月で2000円が入金される。5ヶ月の実質年率は約0.96%になる。

加えて、普通預金の金利もつく。ちなみに、マネーブリッジ利用者には普通預金の金利が5倍になるキャンペーンを実施中なので、0.10%付与される。こっちは333円ぐらいかな。

さらに、元本保証すらないマネックス債と比較して、楽天銀行の預金なら当然預金保険の対象だから、元本・利息も保証される。まあ、キャンペーンだから何度もできる技じゃないけどね。口座未開設の人だと開設の手間もあるし。

口座開設のキャンペーンは無理だけど、100万円30日の方は既存口座でも出来そうなので、利用を検討しているよ。

楽天銀行マネーブリッジについての記事は↓
マネーブリッジ、楽天銀行の普通預金の金利 0.02%を0.10%にするサービス

楽天銀行には預け入れ期間最短1年で特別金利0.90%の定期預金もあるじゃん

楽天銀行のページを確認した人の中には、楽天エクステ預金(フラット)という、夏のボーナス向けのキャンペーン定期があるのに気づいた人もいるだろう。期間が2013年7月30日(火)までなので、前述した普通預金100万円30日と同じ資金では利用できない。なので、100万円越えの資金をこれに預けようとか、数百万ぶっこんでみようと考えてるのなら、少し考え直した方がいい

これは俗に言う、仕組み預金と呼ばれる物なので、注意事項をよーく読んでから検討しなければ、想定外の不利益をこうむる可能性がある。ぶっちゃけトラップ入りの商品なんだよ。

まず預け入れ期間。最短1年(最長10年)となっている。Webには下記のように書いてある。

この預金の預入期間は最短1年です。ただし、当行の判断により1年毎に延長する可能性があり、最長10年まで延長する可能性があります。
この預金の中途解約はできません。商品内容を十分にご理解の上、必ず最終的な満期日まで利用する予定の無い余裕資金でお預入れください。

これはこういう意味だ。「このまま低金利が続くようならそこで打ち切り。逆に金利が上がったら延長して低金利で集めた預金を運用してうはうは。そっちには資金の機会損失リスクかぶってもらうけど、こっちはノーリスクで金集めるよ。中途解約は不可だよーん」 中途解約は一応銀行がやむを得ないと認めると出来るらしいが、利息は払われず元本割れの可能性もある。

万が一、当行がやむを得ないものと認めて中途解約に応じる場合、またはお客さまが中途解約事由に該当し当行がこれを実行する場合、中途解約に伴い発生する解約日から満期日までのこの預金の再構築額およびそれに伴う諸費用を当行所定の計算方法により算出した損害金を直ちにお支払いただきます。
なお、この預金の中途解約を行う場合、当行が延長特約を行使するか否かにかかわらず、当該中途解約日の属する預入期間中の利息は一切支払われません。このため、当初お預入れの元本金額から損害金を差し引いた金額が、当初お預入れの元本金額を大きく下回る(=元本割れ)可能性があります。

それからこの定期は複利ではなく、単利。利子には利子がつかない。

新型定期預金の利息は単利計算です。表示の利息金額は単利計算に基づくものです。

短期ならまだしも、最長10年の預金でこれはねーよな。最悪、将来金利が上がった時に、他行ではこれより高い金利で半年複利の長期預金が提供されるような事態になっても、指をくわえて見てるだけしかできなくなる恐れもあるのに。よりによって単利かよ。

まあ、悪い事ばかりではなく、いい事もあるようだが。「お利息のほかに、楽天スーパーポイントも獲得できます!」らしい。預け入れ額100万円だと最大1800ポイントもらえるらしい。けど、最大って事はそれより少ない事もあるんだよな。それ以前に、楽天ポイントがもらえる条件とかが見当たらないんだけど気のせいか?

そんな訳で、この商品に限った事ではないが、仕組み預金には手を出さない方がいいと思うよ。世の中、うまい話には裏があるものさ。

このキャンペーンの詳細は↓
http://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fixeddep/campaign/teiki-130605.html

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.