前回の記事で書いた、Ciメディカルという会社のフロスを使ってみた。ワックスタイプで50m 200円とリーズナブル。今使ってるダイソーのは25mで105円だから、微妙な差でコスパも勝ってる。加えてフッ素入りというアドバンテージもある。ただ、ダイソーのと違って糸は普通のなので、水に濡れても膨らまないけどね。

Ciとダイソー比較

まずは容器の比較。どっちもそれなりに安っぽいが、Ciの方が多少はマシかな。ただ、ダイソーのはフタが前面の大部分を占めてるので開けやすいが、Ciは上の部分だけなのでちょっと開けにくい。

続いて糸の比較。画像では分かりにくいが、どっちも平べったいタイプ。ダイソーに比べると、Ciのは手に持った感じがしなやかというか、細くて頼りなさげ。フロス自体はダイソーの方が幅広でしっかりしてる。

Ci使用感

実際にCiのフロスを使ってみたが、ワックス付きなのに入れにくい。歯の隙間でギシギシしながら入っていくよ。しかも耐久性が低く、糸がほつれたり縦に裂けりしやすい。使う場所によっては、歯と歯の間にフロスが切れ残ったりする

それがなければ、ミントワックスの清涼感ある使い心地は悪くないし、フッ素の効果にも期待したいんだけど。個人的には、フロスの真価は糸の品質にあると思う。他がどれだけ良くても、糸自体が良くなければダメダメ。

というわけで、少なくとも今回買った「Ci ホワイトニングフロス ミントワックス フッ素入り 50m」のリピートはないかな。コスパと好みの分かれるミントワックスやフッ素を配合してる点は評価するが、私の歯には合わなかった。ある程度、歯間のすきまが開いてる人とか、フロスの耐久性を必要としない人ならいいかもね。

ちなみにこのフロス、楽天の爽快ドラッグでも同じ値段で売ってた。爽快なら送料無料ラインが1980円で、オーラルケア用品以外も売ってるから、何かのついでに買うのもありかな。

それにしても他のフロスを試すたびに、ダイソーの「ソフトWAX(ワックス)デンタルフロス」の良さを再確認するよ。フロスがイタリア製、加工タイってのも影響しているのか。ちなみにCiのは中国製

ダイソーフロスの感想は↓

貧民でもフロスぐらい買うよ -歯医者行くこと考えれば安い買い物-

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.