Archive for the ‘古本購入’ Category

ちょっと前にネットオフが決算で70円・50円均一セールしてるとかのメールが来てたんで冷やかしにWeb見てたら、105円だけど前から値下げを待ってたコミックがあったので注文してみることにした。ちょうど3点で送料無料キャンペーンもまだやってるし。

しかし、ちょうど3点で送料無料キャンペーンのページを見たらなんか改悪してた。
ちょうど3点で送料無料キャンペーン | ネットオフ

「ちょうど3点で送料無料キャンペーン」の配送は基本的に、佐川急便 飛脚メール便でのポスト投函となります。

この変更を受けて3点で「送料無料キャンペーンの対象」がメール便で送れそうな物のみになった。以前だと大型本や豪華本みたいなでかいのも厚いのも宅急便でダンボールに入って送られてきたのに。流石に300円ぐらいの売り上げじゃ、そんなサービスいつまでも続けられるわけないよな。今回の改悪は残念だが、以前が良すぎただけだと思う。

ただ、70円・50円均一商品だとメール便で送れそうなのに「送料無料キャンペーンの対象」マークがついてなかったりするのはせこいと思います。300円ぐらいの買物しかしない奴に言われたかないだろうが。というわけで70円のにも欲しかった商品があったけど「送料無料キャンペーンの対象」外だったので105円のから他二点を選んで購入したよ。

なおネットオフには去年に不正アクセスがあって一時期クレジットカード決済できなかった事がありました。そういうの気になる人は事の顛末見て利用するかの判断を決めてください。
「ネットオフ」への不正アクセスに対する調査結果(最終報告) | 2012年12月17日 | ネットオフ

ネットで古本買う時どの店で買うべきか。これまで、実際に買ってみた4店舗を比較した。この中で個人的に一番リピートしたいのは、ちょうど3点で送料無料サービスが続く限りネットオフだな。
どうしても他の店だと低額の本1冊だけ買うには250円・300円・350円の送料かかっちゃうし。だったらネットオフで105円のどうでもいい本2冊買って送料無料にした方がまし。ついでにポイントも使い勝手がいいTポイントになったし。

とはいえネットオフにも弱点がないわけじゃない。品揃えと価格についてはブックオフオンラインの方がよかった。いくら買いやすいシステムでも物がなかったり、他より高かったんじゃ話にならない。

とゆーわけで、自分の欲しい本があって送料込みで最安値のとこでいいんじゃない。って、役に立たない結論だな。

Amazonマケプレは、他で105円で売ってないのを買うために利用した。
他で100円前後で売ってるものはだいたい1円なんだけど。ただし、送料が250円かかる。デフォルトのシステムだと各商品ごとに。それなので1円3冊だと753円。出品者によっては複数注文割引してる人もいるが。

他3店舗と違いショップというよりは、売ります買いますコーナーでの売買に近い。それなので梱包・発送方法に対応の良し悪しはすべて出品者次第。とはいえ、他3店舗でもダンボールの中に裸で本を入れてるからな。今回買ったところはOPP袋+クラフト封筒だったので良かったが。マケプレだからじゃなくて、あくまで今回の出品者が良かったまで。

ここの利用価値は、低額商品1点買いだと最安値になるケース。出品者によっては送料込みで251円未満に設定する場合もある。ただ、まとめ買いで割引提示してるとこ以外で買うなら、他のショップ形式のネット古本屋を使った方がお買い得。

品揃えは圧倒的じゃないかだが、総合的な値段は高い。他に出品者がいる商品は1円まで落ちる反面、Amazon本体で新品がなく出品者も少ない物にはすぐ高値がつく。希少性のあるものには当然プレミアム価格。しかも、オークション以上に強気な価格設定が目立つ。

どうしてもここでしか手に入らないか、250円の送料払っても一番安くつく以外では利用する気になれない。出品者というバクチ要素もあるし。

他では105円で売ってない物を買うためにブックオフオンラインを利用したが、送料無料ライン1500円まで買うと結構買い応えがあるね。

今回は専用ダンボールで業者は佐川。変わってるのはダンボールにこれで売ると箱も50円で買い取る、とか書いてあるとこ。購入したやつでも買い取ってもらえるならけっこうお得。

価格は100円~。全体的な値段は今回利用した中では一番安い。品揃えも豊富なので、送料無料にするために1500円分選ぶにはありがたい。1500円未満の送料は350円と若干高め。

今回試した中では送料無料のハードルが他より高いのを除けばマイナスなし。なんだけど、やっぱりネットオフのちょうど3点で送料無料サービスが続く限りは… けど、1500円以上まとめ買いするなら、特に105円付近の本を、悪くない。私の購入対象で価格帯が105円付近の品揃えは群をぬいてた。

今回はlivedoorブックス。livedoorリサイクルで買取した時のlivedoorポイント消化の為に購入した。

ここは1000円以上購入で送料無料。1000円未満でも送料300円。配送はゆうメール(Webの記述だと冊子小包)か佐川。今回はゆうメールで段ボール箱で届いた。追跡番号があったが法人向けのサービスのようだ。

ここのデメリットは品揃えと価格。特に、品揃えは今回利用した4社のなかでは著しく悪かった。
価格は全体的に高め。プレミアム価格とかはついてないようだが。

メリットは最低価格。トータルだと高くなるけど、古めのものは88円から売っている。
変わったところではここで買った本を売ると買取額が10%アップになる。購入後一ヶ月だとさらに+10%。代金をlivedoorポイントで受け取れば、ここで買ってない奴もそうだが、+10%アップ。最大で買取額が30%アップする。

送料無料ラインが1000円と他より敷居は低いが、ネットオフのちょうど3点で送料無料と比べちゃうと。キャンペーンらしいからいつか終わるのだろう。そうすると送料無料ライン1000円が生きてくる。1000円選んだ後の500円差は結構でかい。
後は私にみたいにlivedoorポイント消化の為に。でも購入するとまたポイントがたまって抜け出せなくなる。ポイントならネットオフみたいにTポイント使えるのがつぶしがきくんで使いやすいな。

とゆーわけで現時点では、livedoorポイント持ち以外にはあんまりおすすめできなかったり。