Archive for the ‘買取’ Category

ネット古本屋2社に依頼してたCDの買取結果が来た。どちらもそんな大きい店じゃないとこ。

A店は一点あたり単価 @300円弱。B店の単価は @215円ぐらい。どちらも事前見積もりして査定金額が高い物を中心に買取依頼かけてる。ブックオフオンライン(以下BO店)含めて計4社で相見積もりしたが、1社を除いてトータルの買取金額はだいたい同じぐらいだった。

各店最高値のみで売りに出すとどれだけ違うかというと、下のグラフを見て欲しい。A店で買い取ってもらったCD1はBO店 @85.56円 B店 @134.89円。B店のCD2だとBO店 @60円 A店 @154.29円。
20120615.jpg

結構金額が違うでしょう。1点あたりでこれだからまとめて売るとだいぶ違ってくる。それにしてもBO店の低さが際立つ。というのも最低買取価格のタイトル数はA・B店の方が多いけど、買取最高額がA・B店は高い。たいしてBO店は最低価格より高くても最高買取額が低いので、今回みたいに他店の高価買取タイトルのみで比較だと分が悪い。前述したように全体だったらここまで金額の差はなかったのだが。CD1の最高額はBO店 250円 A店 800円 B店 668円。CD2はBO店 150円 A店 700円 B店 836円。

というわけで、実際にできるだけ高く買い取ってもらうにはどうすればいいか。ネット古本屋、特に大手以外のところだと店主の趣味とか店の在庫や売れ筋によって高価買取タイトルが違う。だから事前見積もりで傾向をつかむ必要がある。

具体的には、以前の記事を参考に業者の選別をして見積もり依頼するところを決める。売りたい物のJANコードとかを全部入力。終わったらオンライン見積もりサービス申し込み。査定きたら表にして価格比較。

一旦、リアル店舗に持ち込んで査定してもらう。この時ブックオフオンラインで買取価格調べて持ってくのを選別すると量が減らせる。本は買い取り価格公開してないが、販売価格からある程度判断できる。店で見積もりの最高値以上が提示されればその場で買取。
残った奴は同じ店で最高値付けた商品だけをそこに売る。

こうすると一店舗で全部売るよりも金額が大きくなる。理論的には最高値の合計額ぐらいに。
けど、入力したり調べたりする手間考えたら、信頼できる業者にとっとと送った方がいい気がする。買い取り金額の差と、手間暇かける時給単価を比較すればその方が得かも。

まあ、安値で買い取られた後に実は希少本で他の店ならもっと高値が付いたり、オクで売れば桁が3つぐらい違うって可能性は否定できない。そうなった場合「あの時売る前にもっとよく調べればよかった」と残りの人生を後悔しながら過ごすことになりそうな人は、ちゃんと調べといた方がいいだろう。

それから、蔵書4桁クラスの人ならまず最初にバーコードリーダー買うべきだな。

バーコードリーダーについては↓
Posts tagged ‘バーコードリーダー’

本棚お助け隊というとこに送った本の査定結果が到着後10日以上たって来た。

「古すぎるので全部買取対象外」という内容だった。送るのは無料だったが返送料はこっちもち。費用対効果を考えると送り返さず処分してもらわざるを得ない。

このことから得られる教訓は「ネット古本屋を利用する時は業者は信頼できるところを選ぼう」という事だ。以下経験に基づく個人的なこんな業者は止めといた方がいいって基準。

  1. 事前見積もりサービスがないとこ
    あってもJANコード以外の項目も必要なところは避けたほうがいい。タイトル・著者やCDとかの型番の入力が苦にならないなら別だが。また査定結果はエクセルとか加工が容易でない形式で送るところもよしたほうがいいけど、絶対条件ではない。
  2. 送料が有料なとこ
    または送料無料になる条件が厳しいとこ。送るだけなら無料のところは多いけど返送料はほとんど有料。事前見積もりしとかないとどんだけ買いたたかれたり値段つかなかったりしても、よっぽど貴重な物でない限り甘んじて売ったり処分せざるを得なくなる。
  3. 振り込み手数料など諸費用をとられるとこ
    それ差し引いても買取金額が高いのなら別だけど。
  4. 買取最低価格が安いとこ
    1円・5円・10円だと100点でも100円・500円・1000円とけっこう違ってくる。
  5. 買取基準が厳しいところ
    事前査定が高くても減額されたら意味ない。こればっかりは利用してみないと分からないが。あとは買取対象範囲がせまいとこ。こっちは事前見積もりで分かる。
  6. 査定内容でタイトル別の価格が分からないとこ
    大手はたいがいそう。
  7. 仕事が遅いとこ

とりあえず事前見積もりサービスのないところは止めといた方が無難。見積もりとれば上記に該当する利用してはいけない業者が選別できる。どうしてもそういうところに依頼するときは、返送料まで無料(今のところ一社しかなかった)のところに頼む。もしくは、捨ててもいいような物に限るなど、自衛策をとるように。

見積もりなしで本やCD・DVDを送るなど、レストランでメニューを見ずに注文するに等しい愚行。よーく肝に銘じとくように(特に自分orz)

こないだほとんど買取対象外といわれた本をブックオフに持っていった。予めブックオフオンラインで中古の販売価格を調べて、ある程度価格が付いてるのを何点か。その結果、1冊単価 @45円弱で買い取ってもらえた。価格帯はほとんど50円。安いのは20円。オンラインでの最低買取価格は5~10円だから、それよりランク上ってことになるのか。

ちなみにネット古本屋でも無料査定してもらった。A店はほとんど最低価格の10円で @10.59円。B店もほとんど最低価格。ただここの最安は5円なので @5.33円。C店は査定結果を加工がめんどくさい形式でくるので単価計算してない。最低価格が1円からでだいたいこの価格帯なのでおそらくもっとも査定額が低いだろう。
20120610kaitori.jpg

意外なほどにブックオフのリアル店舗ががんばっている。ここを100とするとA店とB店は約24と12しかない。

他と比べて買取価格が高いからとはいえ、2~3000円とかの本なら50円でも1.67~2.5%に過ぎない。はっきり言って定価で買った本を古本屋に売るのは割に合わない。やっぱり、売るのではなく引き取ってもらうぐらいの気持ちでいた方がいい。



バリューブックスに買取依頼してた本の査定が来た。1冊単価@23円ぐらいでそれほど悪くない。が、買取不可が9割弱。コンディションなのか、買取非対象なのかはタイトル別の明細ないので不明。どういった本に値段が付くかの傾向も分からず。

というわけで返送してもらった。5冊以上なら送る時の他にキャンセル時の返送料も無料なのはありがたい。利用する側としてはこれだけ低リスクだと安心できる。しかし、こんな太っ腹なサービスでやっていけるのだろうかと心配してしまう。

アメリカの企業で無料ドリンク・フードや施設など、福利厚生を充実させてるところがある。Googleだと社員食堂は有名シェフが作ったビュッフェ形式でしかも無料とか。目的は人集め。待遇をよくして優秀な人材を集めようとするわけだ。

バリューブックスもそんな感じで高価・希少本を集めようとしてるのだろうか? ここに買い取ってもらえそうな書籍があるなら、返送料無料だから利用価値はあるかも。私の手持ちの本では無理そうだから縁がなかった。

夜中にブックオフオンラインから査定メールが来てた。前に買取依頼してたのすっかり忘れてた。

結果はコミック@7.5円。CD @11.85円。約4%が値段付かなかった。値付けは妥当なところだと思う。ここも査定内容は個別のタイトルの買取金額・状況についての説明なし。ブックオフのリアル店舗なら一点一点の査定結果印刷して(2012/06/06訂正 レシート見直したらCDだけだった。本は種類と買取価格同じのが何点まで。店員に聞けばどれが何円かは教えてもらえた。)見せてくれるんだからシステム的にそんな難しいことではないと思うが。

ネットオフと比べると査定に時間がかかった。後は似たようなもんか。ネットオフの方が当日集荷・到着から査定結果でるまでの日数は短い。買取不可品も1円で買い取ってくれる。

ブックオフオンラインは今回は4営業日だからネットオフの倍かかったことになる。それでもWebでCD/DVDの買取価格検索可。本も買取価格相場を公開してるのは好印象。

この二つのどちらを利用したいか、というと個人的にはブックオフオンラインかな。やはり、書籍半分廃棄はトラウマもんだよ(笑