Archive for the ‘収入’ Category

ワリート分配金

今月のワールド・リート・オープン分配金が確定したんだけど。とうとう、ワリートも分配金70円から50円に引き下げられたか。さらに、トランプリスク発動のせいか基準価額下がって、全額特別分配転落したよ。

まあ、ワールドREIT関連の毎月分配型投資信託が軒並み引き下げしてたから、ある程度予想してはいたけど。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

気を取り直して、マネックスと楽天証券で買ってるワールドリート投信のパフォーマンス比較。ワリートの方は約+12.29%と若干の下げ。

一方、EXE-iグローバルREITファンドも19.70%と下がってるが、ワリートよりはマシなのでパフォーマンス差は7.41%とまた広がってる。

今回の感想

そんな訳で、トータルリターン的にはプラスだから、まだあわてるような時間じゃないけど。再び買い場が訪れた時は、毎月分配型投信からは手引いた方がいいかもしれんな。

それにしても、理屈では税金と信託報酬の差額の分だけ低コスト投信の方がパフォーマンスがいいのは分かってはいたが。複利の効果もあるといっても、1年程度でここまで数字が違うなんて、なんか計算方法とかミスったのかなあ。それとも、まじでここまで違うのか。

ニイタカ優待&配当

なんか、身に覚えのない荷物が西濃から届いたと思ったらニイタカの株主優待だったよ。カンガールでもコアラでも構わないけど、シュレッダーにかけられない複写式の伝票は滅びて欲しい。

配当の方は、マネックスの口座にすでに入金済みだった。税引き後の金額877円が。

ちなみに、年明けにシステムリニューアルしてから絶好調なマネックスは、今日も平常運転です。

ニイタカ釜飯3食セット

気を取り直して、株主優待釜飯3食セットを確認してみる。ペーパーは挨拶の他に釜飯の取説が付いてた。そんなの必要なのかと思ったが、業務用の商品だからパッケージは簡素化されてるためみたい。

なお釜飯セットは、釜飯3食固形燃料のみで釜とかはついてこない。

釜飯の現物はこんな感じで、1食ずつ米と具がセットになって入ってる。米の方は洗米・浸漬加工処理済みだから、短時間で調理できるらしい。釜飯の素はストレートタイプだから、水とか不要でそのまま使えるらしい。一応炊飯器でも作れるみたいだが、詳しくは書いてないな。

賞味期限は2017年7月みたい。以外に短いのは、防災用とかじゃなく業務用だからなのか。

固形燃料の方は、燃料の周りをアルミホイルみたいなので巻いてるみたいだな。インドア派なのでこの手の製品には縁がないのでなんとも言えんが、防災袋にでも入れとけば役に立つ日が来るかもしれん。

今回の感想

ニイタカの優待は元が業務用ってことは、外食とかで1食分の釜飯を出すとこで、この手のすぐ炊けるセットを使ってるとこがあるってことなのか。まあ、普通の米から炊いてたら、時間もかかるし火加減とかも調整しないといけないからな。

峠の釜めし本舗おぎのや | 峠の釜めし よくある質問

峠の釜めしのサイトみて思いついたが、この容器あるなら専用の釜がなくても代用できそうだな。

スワップ

2月になったので、先月分のセントラル短資FX口座のスワップ受取額を確認したんだが。1月のスワップ合計額は6182円と、先月の半分以下に激減したな。

予想してたとはいえ、この数字を見るとポジポジ病が再発しそう。とはいえ、去年までのランド円クソ高値づかみを考えると、やっぱり8円切るまではポジ禁しないとだな。

まあ、今年はトランプ氏の動き次第では電車止める人が続出しかねないから、いずれ買い場は訪れるとは思ってるけど。

ワリート分配金

今年最初のワールド・リート・オープンの分配金報告なんだが。先月に引き続き全額普通分配で、所得税と地方税1072円・350円抜かれた手取りは5578円だったよ。

最近は、ワールドREIT投資信託で分配金引き下げが続いてるのに、ワリートは70円維持したか。ワリートより資産総額が多いラリート(ラサール・グローバルREITファンド)も60円から40円に引き下げてるけど、いつまで続けられるんだろ。

海外REIT型投信、アセマネOneなど分配金引き下げ

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)|日興アセットマネジメント

ワリート対EXE-iグローバルREIT

次は、世界リート投信のパフォーマンス比較をしてみる。まずはワリートから。分配金出したから口座上の損益はいまいちだが、トータルリターンだと約+14.82%とまずまず。

一方、EXE-iグローバルREITファンドの方もこれまた好調で、約+21.63%と購入以来最高水準か。その点はワリートも同じなんだが、それでもパフォーマンス差が6.81%とこれまた過去最高に広がったか。

次に全世界リートに投資する時は、ワリートは外してもいいかもしれんな。

いつものマネックス

以下余談。ワリートを買ってるのはマネックス証券なんだけど。年明けからシステムがリニューアルされてまた使いにくくなったんだけど。まあ、この辺は慣れもあるからしたないと思うけど。ログインしないと見えないけど、現在「買付可能額が正しく表示されない不具合」が治ってないらしい。年末年始を潰されたエンジニアの呪いか、単なるやっつけ仕事か手抜き作業だったのかは知らんが。まあ、マネックスの場合なんか新しいことすると毎回のようにトラブル起こしてる気がするから、いつものことだろ。

どうでもいいんだけど、マネックスってザラ場中にログインすると毎回のように「コールセンター電話が繋がりにくい状態」みたいなメッセージ出るんだけど、よっぽど人足りてないんだろうな。どうせ外注の派遣だろうけど、ネット証券に電話しなきゃならない状況になるより、出来る限りWeb経由のやり取りで済ませられるよなシステムにすべきだよな。まあ、苦情関連はマネックス社員じゃない非正規の外部丸投げだろうと、直接電話で言いたいってのも分かるけど。

スワップ

月が変わったので例によって、セントラル短資FX口座のスワップを確認したのだが。12月分の受取合計額は、15347円だったよ。年末に大幅にポジを減らしたけど、その影響が出るのは今月からだろうな。

ちなみに現在のポジはAUDJPY 2枚 @85.144と、ZARJPY 11枚 @7.754。

2016年FX成績

ついでに、2016年のスワップ合計は税引前で16万ぐらいになった。まあ、こんなもんだろう。もっとも、ランド円の含み損を相殺したから、差引だと5万ぐらいなんだけどね。あれだけランド円持ち直したのに10万近く損失出すなんて、どんだけ高づかみしてたんだよ。

とはいえ、今年はポジが減ったままだと受取スワップはかなり寂しいものになりそうだな。