Archive for the ‘ゲーム’ Category

day-of-the-dead-568012

第一回FRESH!杯

なんか、第一回FRESH!杯とかいうe-Sports大会に出演して、ロビンマスクを破ったキン肉マン並の金星をあげたちょもす氏が、大会への不満を書いてるのが一部で話題になってるらしいが。

第一回FRESH!杯に参加して心底バカにされた話

ちょもす氏含めたBブロック出場者の扱いを見ると、キン肉マンの超人オリンピックで、テリーマンやロビンマスクのブロックがテレビで中継されたけど、カレクック・ブロッケンマン・ラーメンマンと一緒になったキン肉マンの方はラジオ放送だったのを思い出すな。今回のFRESH!杯のAbemaTVの場合、Bブロックの出場者は配信する価値がないと判断してただけだろうが。まあ、このゲーム顔採用芸能人大好きっぽい、サイバーエージェント系列だからしょうがないんじゃね。

ちなみに、キン肉マンの方は違う理由だったりするけど。

キン肉マン 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

今回の感想

課金ガチャゲーで大会なんて、腕より課金額ガチャ運次第じゃね。「シャドウバース」がどんなゲームか知らないけど。まあ、パズドラの固定チームのランキングダンジョンみたいな同一条件での勝負なら、たしかに実力で勝敗が決まるけど。実際のランキングダンジョンだとチート最強みたいだが、大会とかで生配信とかされたら流石にごまかせないだろうし。

ランキングダンジョン『ベルゼブブ杯』順位と対応のお知らせ

▼対応内容
・11月24日時点で1位となったユーザーのランキングを無効といたしました。

1位が無効って、ドーピングして金メダル剥奪された人みたいだな。

それはともかく、そんな出来レースかませ枠引き立て役で出場しながら、逆境に負けずに優勝するなんてすごい。しかも、こんなことがあってもシャドウバースを続ける気満々なんて、ソシャゲ廃人マジぱねえっす。だからアカツキとかも、あんな糞運営でも上場できるぐらい儲かるんだな。マネタイズ的には、糞運営ぐらいがちょうどいいのかもしれんが。

閑話休題。件のブログでお客さん枠のAブロックには「RAGEのファイナリストの方々がてんこもり」とか書いてあったのが気になって調べたら、これも似たようなe-Sportsの大会らしいんだが。

優勝賞金400万円って、「うわっ、ちょもす氏の賞金低すぎ」じゃなく、賞金なしだったな。この待遇の違いがすべてを物語ってるな。

pirates-1693519

ファミコン芸人フジタ

そんな訳で、10月のKindleオーナーライブラリーで選んだ「懐かしファミコン パーフェクトガイド」を読んだんだが。事前に見たレビューとかでは、ファミコン芸人フジタ氏絡みの点を嫌ってる人もいたが。フジタ氏は前にテレビで見たぐらいの知識しかないが、マンションの一室に鬼のようにゲームを積んで、リアル足の踏み場もない衝撃的映像だったのは覚えてる

この件に関して「愛」がどうだという人もいるが。

本のプロフィールによると、この部屋の他に「5個の倉庫」があるらしいから、そっちではちゃんと整理してるんじゃね。

懐かしファミコン パーフェクトガイド

で、「懐かしファミコン パーフェクトガイド」の内容については、まあこんなもんじゃねって感じかな。前に同じくオーナーライブラリーで読んだ「PLANETS vol.7」と比べると、ゲームに関する記述はゲーマー的には納得できる気がする。ページ数と値段も、まあ妥当なとこじゃない。ちょっと、取り上げられてるゲームに偏りが見られるが、おかげで個人的には面白く読めたかな。けど、一回読めば満足だな。オーナーライブラリーやKindle Unlimitedにはうってつけだけど。

「PLANETS vol.7」については↓
「PLANETS vol.7 Repackage」をKindleオーナーライブラリで読んだよ

ただ、電子書籍の出来としてはかなり不満がある。Kindle Fire HD 8.9の縦画面で1ページずつ読んでも字が小さいのはまあ仕方ないとしても、拡大しても小さい文字だとぼやけてるんだよな。紙面のゲーム画面とか紙の資料のスキャンみたいなのは、大きさによっては判別できないぐらい不鮮明なのもあった。ファイルサイズ 61839KBってのは、カラー・白黒半々で128ページだとちょっと容量ケチり過ぎかもね。それとも、単に元の紙ムックの画質が悪いだけなんだろうか。

懐かしファミコン パーフェクトガイド: いまもあそべる せいしゅんの8ビットゲーム

今回の感想

この本を見た時は最初、「ニンテンドークラシックミニ」の便乗本かと思ったけど、出版日から判断するとそれはないのかな。中身はミーハーぽいかと思ったが、流石はファミコン全ソフトを所持してると豪語するフジタ氏の協力だけあって、思ったよりは読み応えがあったな。

ただ、親に好きなだけファミコンソフトを買ってもらえたフジタ氏だと、当時の一般国民の子供が踏み込んだアウトローな世界については知る由もなかったかな。

ディスクシステムの闇

以下余談。

P90の「想い出のディスクシステム」で、オプションのディスクシステムに触れてたのを見て思い出したんだが。本書ではディスクシステムの仕組みや歴史的経緯について説明してたが、ちょっと補足しとく。まあ、Wikipedia読んだ方が手っ取り早いかもしれんが。

ファミリーコンピュータ ディスクシステム – Wikipedia

ディスクシステム

ファミコンのディスクは同じぐらいのサイズの3.5インチフロッピーディスクと比べると、容量が圧倒的に少なくアクセス速度が遅い上にランダムアクセスが出来ない。とはいえ、両面で1Mビットぐらいの容量はファミコンのメモリには十分大きすぎるので、ディスクシステムには別途RAMを搭載してアクセス頻度を抑えようとしてたらしい。

さらに余談になるが、ディスクシステムのゲームの改造プログラム「トンカチエディター」は、ディスクのトラックが一定以上超えると正常に読み込めないバグがあったらしい。トンカチ作者は「こんな事書くとトラック数多いゲームが作られるかな」とか書いてたが、そこまでメジャーな存在じゃなかったから杞憂だったな。作者は他にも、「トラックが多いとディスクアクセスが多いからクソゲーになるからいいか」みたいな事も書いてた。つまり、ディスクシステムのゲームだとロード待ちはかなりストレスになるぐらい遅かった訳だ。

トンカチエディターについては↓
今のプログラミング教育ってトンカチエディターでファミコンのゲームを改造するのと一緒かよ

ちなみに、最初のアクセスだけで全データをRAMに読み込めば、その後のプレイはアクセス不要(通称オンメモリ)になるんだが、ファミコンでオンメモリのゲームはあったかな。もしかしたら、ザナックがそうだったかもしれないがちょっと確かじゃない。ファミコンのディスクじゃなくてプレステのCDだと、リッジレーサーはオンメモリで感心したな。

暗黒ゲームショップ

ROMカートリッジより安く、両面500円・片面400円で書き換えも出来るディスクシステムが廃れたのは、ROMカートリッジの進化により存在意義がなくなったのと、メーカーが儲からないのが原因となっていたが。個人的にはそれに拍車をかけた存在もあった気がする。

ディスクシステムのゲームは、システム的には書き換え可能だったが、実際には書き換え出来ないゲームも存在した。さらに、カートリッジ並の値段で売ってる、ディスクシステムのメリットすらスポイルするようなの(消えたプリンセスとか)もあった。

ファミコンブームだった当時は、町にゲームショップが結構あったんだが。そういった店の中には任天堂のディスクライターではなく、なんらかのコピーマシンを使ってゲームを書き換えてる店があったんだが。そこでは、在庫があればどんなゲームでもコピーしてくれたらしい。

書き換え料金はだいたい任天堂と同じ値段だったから、正規のラインナップで書き換え可能なタイトルをコピーするメリットはなく、主に利用されるのは当然書き換え不可なセルオンリーのゲームなのは言うまでもない。これだと消えプリみたいな販売専用のゲームは、売上がコピーに食われるは、書き換えられても一銭も入らないからたまったもんじゃなかったろう。

子供からしたら大人の事情なんて知らないし、金払ってるから罪悪感とかも同然なかったが。正規のディスクライターには違法コピーしたディスクをチェックする仕組みがあって、その時初めてアンダーグラウンドな世界に手を出したことに気づいたけど。その後店員に事情聴取とかされそうになったら、電車で痴漢がバレて線路に飛び込むぐらいの心境になるよな。

sega-146229

メガドライブ復活?

なんか、新型メガドライブの予約が受付開始されたという記事を読んだんだが。セガ公認と言うが、実際はブラジルの会社がライセンスを受けてブラジル国内向けに作るゲーム機を、並行輸入して売るだけみたいだな。

【動画あり】セガ公認「新型メガドライブ」が予約受付開始! 伝説のゲーム22本&SDカードスロットも内蔵!!

まあ、機能的には本体にゲーム内蔵、カートリッジも使用可能でSDカードスロットも内蔵。任天堂のニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータもこのぐらいしろって感じだが、とはいえ新型メガドラの方には致命的な弱点がある。

・出荷開始時期は2017年6月
販売については予約制となっており、価格は2016年11月30日までの予約で税込2万1800円、12月1日以降は2万7800円となっている。なお、出荷開始時期は2017年6月を予定しているとのことだ。

なんか自転車臭がプンプンする上に、28年前の販売価格とほぼ変わらねえ。しかも、12/1以降の予約だと3万弱って、レトロフリークのギアコンバーターセットが買えるじゃねーか。

レトロフリーク (レトロゲーム互換機) ギアコンバーターセット

新品価格
¥25,059から
(2016/11/3 20:22時点)

まあ、ブラジル直輸入だから諸経費とかも上乗せされてるんだろうが。いくらセガのライセンス品とはいえ、日本のセガから発売される正規品でもない限りは、サードパーティの互換品との優位性は乏しいかな。

メガドライブ リミテッドエディション

ついでに動画や輸入元のサイトを見たりしたが。保証期間が90日(レトロフリークもそうだけど)しかなくて、その他に人柱上等な注意事項あり。

「メガドライブ リミテッドエディション」(ブラジル版)

保証 90日保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償でサポートします。)
注意1 仕様には一部独自予測があります。実機の仕様が優先されます。予告なく変更されたりします。
注意2 カートリッジロック、リージョンロック対策など不測の事態に対応しなければならない場合があります。
注意3 自己責任でご購入下さい。対応できないことを理由に返品はできません。

個人的に気になったのはビデオ出力がHDMIじゃなくRCAで「PAL-M」な点。最近は「RCAtoHDMI変換アダプター」があるみたいだが、PALについてはどうするんだろ。ぐぐったら、一応スペック的にはPAL入力にも対応した製品もあるんだな。

AV to HDMI コンバーター 変換装置 AV/RCA3/CVBS to HDMI デジタル  小型 mini コンポジット TV/PC/PS3/Blue-Ray DVD対応 ブラック LP

新品価格
¥1,799から
(2016/11/3 20:21時点)

テレビについては解決しそうだが、PALって事はエリアプロテクト日本のNTSC版カートリッジはプレイできないんじゃね。

NTSCとPAL、エリアプロテクトまとめ

内蔵ゲーム目当ては買い?

さらに、製造元のサイトをGoogle先生に翻訳してもらって読んでみたところ、バンドルされてる22タイトルが書いてあった。ゲーム名は英語のままみたいだが。

Tectoy – Mega Drive Edição Limitada

ゲームがしたいだけなら、SteamでPC用に移植されてるのを買う方が安上がりだな。それでも、ブラジル版メガドラにしか入ってないゲームもあるが。

Steam:SEGA Mega Drive and Genesis Classics

ちなみに、48タイトルで6358円なんて安いと思ってもすぐ買わないように。Steamでは、古いゲームはセール時にはまともな値段で買うのがバカらしくなるほどディスカウントされるので、今すぐ買わなきゃ死ぬ病気でもない限りはセールを待ったほうがいい。

ただ、SEGA Mega Drive and Genesis Classicにもブラジル22タイトルのうち、「ARROW FLASH」「GOLDEN AXE 3」「JEWEL MASTER」「LAST BATTLE」「OUT RUNNERS」「SEGA SOCCER」「TURBO OUTRUN」の7作品は入ってないようだ。この辺のラインナップは、国民性の違いなんだろうか。

余談だが、日本でもメガドライブではなくGENESIS(メガドラの海外での呼び名)版をまとめてPCに移植したのが売られてたんだが。

GENESISの名作ソフトがよみがえる「SEGA ARCHIVES from USA」

すでに廃盤になって久しいし、この手のレトロゲーム復刻版は今だとNintendo 3DSあたりで出してるし。もう、日本のセガにはPCでの展開は期待できないかな。

セガ3D復刻アーカイブス1・2・3 トリプルパック

新品価格
¥7,932から
(2016/11/3 20:20時点)

メガドラのカートリッジ持ってる人は買い?

前述したように、日本のメガドラカートリッジはメガドライブ リミテッドエディションではプレイできない可能性があるが。いくら、先行予約だと多少安くなるとは言え、現時点での情報だけで予約出来るような強者なら、レトロフリーク予約して買ってるんじゃね。

そんな訳で、レトロフリークすら買えなかったチキンが発売前でブラジル直輸入で、エリアプロテクトで互換性もヤバゲなメガドライブ リミテッドエディションなんて予約できるわけないよな。そんな、ライトゲーマーだけどメガドラのカートリッジが手元にある人なら、こんな互換品もありかもしれんな。

エムディー・ーコンパクト (MD COMPACT)

新品価格
¥3,272から
(2016/11/3 20:19時点)

金ある人なら、SDカードにインストール出来て高機能なレトロフリークのほうが良さそうだが、下のレビュー見ると値段考えれば悪くないかもね。

エムディー・コンパクト (MD COMPACT) : 名作満載のメガドライブ互換機

だったらお前が買ってみろと言われるかもしれんが、家どっかにメガドラ本体あるからな。

マスターシステムのエリアプロテクト

上記レビューで、MDコンパクトにコンバータかまして欧州マスターシステム版のゲームをプレイしてるのを見て思い出したが。メガドライブの前のゲーム機・マスターシステムには、NTSC・PALとかのエリアプロテクトはなかったけど。カートリッジの形状が違ってる(ファミコンのカートリッジみたいな形)物理的なプロテクトだったんだよね。だから、それを国内版に合わせるコンバータさえあれば、日本のマスターシステムでもプレイできた。

昔は、日本では売ってない輸入盤マスターシステムのゲームを買って遊んでた事も思い出したら、セガが嫌いになった理由まで思い出してしまった。

メガドライブが発売された後も、海外ではマスターシステム用の新作が発売されてたんだけど、日本では発売予定だったゲームとかが中止になったりした。これは個人的な推測だが、おそらくマスターシステムの新作を出すとメガドラの売上に影響があるから、新機種のために犠牲になったのじゃと思ってる。プレステと違って、マスターシステムとメガドラには互換性なかったからな。その後、旧機種と互換性を持たせるオプションのメガアダプタが発売されたが、中途半端(マークIII以降・FM音源非対応)なやっつけ仕事だったのが火に油。

その後もセガは、サターン・ドリームキャストと新型ゲーム機を発売したが、相変わらず互換性を無視し続けてたな。これは任天堂もそうだけど、あっちは比較的うまくいってるような気がするが、セガはなぜかユーザーを見殺しにしてる印象しかないんだよな。

ゲーム機戦争を制したソニーはセガを反面教師にしたのか、互換性を重視した戦略が成功の一因となって、最終的にはセガにとどめを刺したわけだが。もっとも、最近では旧機種のゲームがやりたければ円盤からDL版に書い直せって言ってるみたいだが。

初代「プレイステーション」とPCエンジンアーカイブスを楽しもう!|ゲームアーカイブスを楽しもう!

今回の感想

そう言えば、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの発表後に、ミニファミコンじゃなく30ゲーム内蔵ゲーム機で、欲しがるやつはニワカとか書いたんだが。Amazonだと、予約受付開始後すぐにAmazon.co.jpからは買えなくなったんだよな。これ欲しがるようなオッサンなら、私みたいな貧民じゃなきゃそれなりの金と地位があるから、この程度の金ならドブステでも問題ないんだろうけど。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータで満足できるのはニワカとリア充

未だにゲーム機本体とカートリッジがあっても、いつまでも動く保証ないからな。金あればレトロフリーク買って、SDカードにインストールしておいたほうがいいんだろうけど。ただ、レトロフリークだとインストしても本体壊れたらおしまいで、再インストールする手間があるからな。

続、故障したレトロフリークが帰ってきました

利権団体B-CASの陰謀でプロテクトかかってる日本の地上波みたいなもんだが、まあ仕方ないか。だったら、レトロフリークもB-CASカードや携帯のSIMカードみたいなのを作って、ライセンス関係はそっちに紐付けとかできなかったんだろうか。そうすれば本体修理だけじゃなく、将来レトロフリーク2とかになっても、再インストールし直さなくても済むだろうし。レトロフリークの場合、まずぶっ壊れるのは耐久性がないと評判のカートリッジアダプタみたいだから。本体と違って、アダプタだけ外して修理できるからマシなんだろうが。

20160930a

小型ファミコン

なんか、任天堂小型ファミコンらしきものを発売するという記事を読んだんだが。

任天堂“小型ファミコン”国内発売 初代「マリオ」や「ドンキーコング」などレトロゲーム30本入り

プレインストールされた30タイトルで遊べるらしいが。「魔界村」「悪魔城ドラキュラ」に「ロックマン2」あたりだと、軟弱なスマホゲーになれた若者はおろか、当時クリアしたピコピコ中年でも腕がなまってクリアできないんじゃね。まあ、昔と違っていつでもセーブできるらしいから、セーブ地点からのやり直しが無制限ならなんとかなりそうだけど。

既存のカートリッジ・DLCは一切無理

ただ、これ予め入ってるゲーム以外には遊べないみたいなんだよな。これでは「小型ファミコン」じゃなく、小型ファミコンの形をした30タイトル専用ゲーム機じゃね。

ファミコンが手のひらサイズに! 任天堂が“ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”を発表、往年の30作品収録で11月10日発売

※ファミコンカセットを差し込んで遊ぶことはできません。ダウンロードなどでソフトを追加することはできません。

この30タイトルだけで完結できるならいいけど。そうでないなら、ゲーム機本体はニンテンドー3DSで、ソフトはバーチャルコンソールでレトロゲー買った方がいいんじゃね。まあ、テレビの画面をみんなで見て、わいわいマルチプレイをすることに喜びを感じられるなら、ニンテンドークラシックミニでもいいかもしれんが。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

新品価格
¥6,156から
(2016/9/30 20:27時点)

その目的でも、金に糸目付けないなら今ならレトロフリークがあるからな。

レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)

新品価格
¥19,800から
(2016/9/30 20:28時点)

今回の感想

ニンテンドークラシックミニの感想を一言で言うと、なんとゆうか中途半端で残念な商品だなあ。ぶっちゃけ、既存の任天堂のサービスと競合しない程度に性能をスポイルしてんだよな。コスト的な問題もあるのかもしれないけど、個人的には経営戦略的なお家事情の方が大きい気がする。

20160530e

パズドラ ジューンブライドガチャ

なんか、パズドラの期間限定ガチャ「ウエディング仕様の特別モンスターたちが期間限定で登場!」するジューンブライドガチャなんてのがやってるんだけど。夏の水着を待てずに、スケベ心をくすぐるような花嫁ガチャを売り出すあたり、ガンホーも業績厳しいのかな。

ウエディング仕様の特別モンスターたちが期間限定で登場!|パズル&ドラゴンズ

パズドラで引いていいガチャはゴッドフェスのみなので、期間限定ガチャは原則、気になったのを1回運試しに引くぐらいなんだが。まあ、客寄せのために初日はご祝儀出すかもしれないと甘い考えで引いてみたが。出たのは金玉の「可憐な花嫁・バステト」だったよ。

20160530a 20160530b

どうせ金は出ないから、エキドナかリリスなら御の字と思っていたのでラッキーかな。同じ金でもさらに上に☆7と☆8がいるけど、贅沢言ったらきり無いし。今回の期間限定ガチャも平常通りで闇が深いみたいだから、他の人の報告とか見てると一発バステトなら、サッカー日本代表がゴールした時ぐらい喜んでもいいんじゃね。

なお、性能は覚醒バステトの光バージョンみたいな感じ。

20160530c

バステト

バステトと言えば、素人的にはパズドラの中でも強キャラだが、常時リーダースキルを発動させるにはある程度のパズル力が必要なんだよね。ラーとかの多色や、アヌビスみたいな多コンボと比べればまだ楽とはいえ。常時5コンボすらきついヘタレだとあんま使い道なかったりする。

今回の感想

そんな訳で、花嫁バステトも難易度低い3色とか友情ポイント狙いの低スタミナダンジョンぐらいしか出番ないかな。

ちなみに、普段使ってるキャラは覚醒パンドラだったりする。覚パンだと、何も考えず闇つなげてればなんとかなるので低パズル力にも優しいからな。

20160530d

まあ、バインドは対策キャラが必要になるかな。○コンボ以下吸収については、指積むかスキルで操作時間延長して気合でカバーかな。それで無理ならあきらめる。