Fire HD 10 タブレット (Newモデル)

なんか、Amazonの10インチのタブレット、Fire HD 10ニューモデルが出るみたいだが。以前のHD 10はほとんどHD 8がでかくなっただけっぽかったけど。今回は、Amazonちょっとやる気出した感じ。

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック

新品価格
¥18,980から
(2017/9/20 23:22時点)

最大の変更点は、液晶が今までのHD止まりと違ってフルHD対応してるとこ。この解像度は私の記憶してる限りだと、HDXシリーズ以来な気がすると思っていたが違った。HDXは7インチは1920×1200だけど、8.9インチは2560×1600だったか。そうなると、HDXの後継とまではいかないか。まあ、HDXはAmazon的にはバブル家電並の豪華モデルだったからな。

Fire HDX 8.9タブレット(第4世代) 16GB

そうなると、いまだにHDX 7のポジションは空白のままだけど。将来的にはHD 8あたりがフルHD化して穴埋めるんだろうか。

Kindle Fire HDX 7 64GB タブレット(第3世代)


閑話休題。HDXには及ばないとは言え、Kindle Fire HD 8.9使ってる私には必要十分なスペックだと思う。その上、値段も発売開始からプライム会員向けクーポンで14,980円だからな。他に、保証期間が下位モデルの中華タブ並の90日間から1年間に戻ってるのも、地味にメリットかな。

参考までに私の持ってるAmazonタブレット関連の記事

Kindle Fire HD 8.9
Fire タブレット 8GB

今回の感想

そんな訳で、今回のHD 10リニューアルはHDXシリーズの後継じゃなく、現行のHDシリーズの延長線上って扱いみたいだな。もう、Amazonはハイエンドタブレットは出さないんだろうか。貧民的には、iPadあたりをターゲットにした価格帯は手が出ないので、それはそれでいいんだけど。

そうなると、今回のHD 10もプライム会員クーポンの4000円引き程度で手を出すべきじゃないな。プライムデーとかの大型セールで、32GBモデルが1万切るまで待ちでいいんじゃね。流石に、クリスマスセールでそこまで下がるとは思えんが。とにかく、俺は食うだけ。

もっとも、プライム会員になる気がなくてセールとか待つのはごめんって人はHuaweiとかの日本に正規代理店あるメーカーにしてもいいかもしれんが。型落ちとかセール品とか狙えば、Fireクーポンなし価格と同じか安く出来るんじゃね。そしたら普通にAndroidも使えるし。

スターサーバーオールSSD

なんか、スターサーバーオールSSD環境を開始したってメールが来たんだけど。最近は珍しくない構成とは言え、月額100円台からやってるとこはかなりレアじゃね。ただ、今のところ対象になるのは最近のサーバで、当然無料鯖はガン無視っぽい。

『スターサーバー』データ読み書き速度が大幅に向上!オールSSD環境の提供開始について

【提供対象サービス】
スターサーバーの「エコノミー」「ライト」「スタンダード」
「プレミアム」「ビジネス」プラン

【提供対象サーバー】
sv6.star.ne.jp以降のサーバー

ちなみにsv5以前は来年以降か。

【sv5.star.ne.jp以前のサーバーをご利用のお客様】
2018年以降、オールSSD環境への変更を予定しております。
詳細が決まりましたら、改めてご案内いたします。

スターサーバー開始直後にお試しで利用した時は、サーバのナンバーどうだったかは気にしてなかったんで不明だが。有料プランのスターサーバー移行はまだ始まってないから、スターサーバー開始後初期費用無料で契約して、SV5以前に割り当てられたユーザーは外れ引いた事になるんだろうか。そんな感じで、来年まで冷や飯を食わないといけない人がどのぐらいいるか、私気になります。

今回の感想

レンタルサーバーサービスをスターサーバーに統合した後、プラン内容改悪で税抜税込270円のライトプラン(旧ミニバード)がロリポップと大差なくなって魅力激減したスターサーバーだが。今回の新規向けのオールSSD化は、他社に対する数少ない優位性と言っても過言ではないんじゃね。将来的には、GMOがレンサバサービスも仮想敵国扱いしてくればどうなるかは知らんが。

そんな訳でレンサバ借りるなら、さくらとロリポあたりがSSD対応するまでは、スターサーバーで契約するメリットはあるかもしれんな。ただ、この発表前に出したキャンペーンが10/31までの初期設定費用半額と、そんな出し惜しみしていて大丈夫かと心配になるかな。

それはともかく、これでまたミニバードのスターサーバー移行が遅れて、当分なんちゃってスター状態が続くのかな。個人的には、今のところ旧ミニバードでも不満はないので別にいいんだが。むしろ、移行予定の旧サービスで一番有料の利用者が多そうなミニバードが、スターサーバーに無事移行できるかの方が、私気になります。



すかいらーく優待・配当

なんか、すかいらーくから第7期の中間配当の計算書株主優待が届いたんだけど。マネックスの口座で配当を確認したら、税引き後の1,275円が9/19に入金予定みたいだな。

株主優待の方は、500円券が6枚で合わせて3,000円分、マジできたよ。実際に受け取るまでは半信半疑だったんだけど。

流石はベインキャピタルだよな。東芝もここに任せておけば多分安心じゃね。

外資に東芝の半導体事業を売ってはいけない!すかいらーくとスシローの「成功例」に見る悲惨

12月権利日は予定通り3,000円分もらえるんだろうか。

株主様ご優待券

外食関係の優待は何社か取ったことはあるけど、すかいらーくは初めてなのでちょっと詳しく書いてみる。まず、有効期限「2018年9月30日」までと、1年以上あるのはありがたいかな。利用可能店舗は、すかいらーくグループの店舗はだいたい使えるみたいだけど、売店の商品には使えない。家族客じゃないのでそれはどうでもいいか。ちなみに、店内の飲食だけでなく、宅配テイクアウトにも利用できる模様。

券面の500円の5の部分にかかってる帯みたいな模様は、画像だと分かりにくいがラメっぽい感じになってる。なんか、裏面に「偽造防止加工済」とか書いてるから、そういうことなんだろうな。けど、例え偽造券だとしても、先にバーコード使われたら一切の補填ないんだよな。というのも、バーコードが読めなくなると「理由の如何にかかわらず」使えなくなるって明記してあるからな。

わざわざコストかけてまで偽造防止対策して、さらにこんな注意書きまで書くってことは。以前の優待では頻繁に偽造騒ぎが起こっていたのか、私気になります。

なお、優待券使用分は、Tポイント領収書発行の対象にならないらしい。個人的にはどうでもいいけど、会社の金でマイル貯めてるような人とかは困るんだろうか。

今回の感想

そんな訳で、優待券三倍後初のすかいらーく株優なんだけど。将来的な改悪リスクはかなり高そうな気はするが、まあその時はその時ってことで。とりあえず、今のところはあざーっす。

anan 2017/09/20美乳強化塾

なんか、「anan」の表紙を田中みな実氏が飾ったのを見て衝撃を受けて色々ググってたんだが。現時点だとAmazonでは品切れで、一時期中古品にプレミマム価格つけて売り出す人もいたんだけど。Amazonの在庫が「2017年9月25日に入荷予定です」になってからは多少落ち着いたのかな。

anan (アンアン)2017/09/20[美乳強化塾]

新品価格
¥530から
(2017/9/14 19:49時点)

こういう時は売り切れのない電子書籍のありがたみを感じるはずなんだが。ananだと、佐々木希事件の悪夢があったから警戒しちゃうな。

「an・an」Kindle版が販売停止に Amazonは全額返金 佐々木希さんのグラビアなどカット

どうでもいいけど、毎年この時期は美乳特集なんだろうか。

anan (アンアン) 2015/09/16 [雑誌]

新品価格
¥1,180から
(2017/9/14 19:50時点)

anan (アンアン) 2016/09/14[ふんわり美乳]

新品価格
¥1,280から
(2017/9/14 19:50時点)

田中みな実には勝てなかったよ

そんな訳で買おうかどうか迷ってたんだが、結局電書で買ってしまった。ちなみに、KindleじゃなくeBookJapan

もちろん、事前に電書版でもグラビアがジャニってないことを確認してからの購入。こういう時は、臆病なぐらいがちょうどいいのよね。まあ、確認したのはeBookJapanのじゃなくKindleだけど。

ちなみに、eBookJapanだとこんな感じ。紙は見てないから比較できないけど、多分ノーカットじゃね。なお、著作権保護のため修正してあります。田中みな実関係はモザイク、それ以外は黒塗り。

個人的な感想は、上のは省いたけど表紙が一番な気がする。あと、最後のページのもっと大きい写真が見たくなる奴があるけど。こういう時も、電書だとズームできるから便利だな。

今回の感想

そんな訳で、店頭でananを買う勇気のない人電書おすすめ。ただ、eBookJapanだと注意書きに「※本作品は2017年12月12日で販売を終了いたします」って書いてあるんだけど。

anan (アンアン) 2017年 9月20日号 No.2069 [美乳強化塾]




Kindleだと書いてないんだけど。現時点で売ってる一番古いananの電書が2017年6月28日号ってことは、おそらく3ヶ月で販売停止にする戦略なんじゃね。だとしたら、電書の意味ねぇ。

そう考えると、転売ヤーは来週入荷予定の在庫がはけて、さらに電書版の販売終了する12月中旬ぐらいまで待ったほうがいいんだろうか。もっとも、3ヶ月もたてばほとぼりが冷めて逆に値下がりするかもしれんが。

ワリート分配金

9月の分のワールド・リート・OP分配金が確定したんだけど。毎度のことながら全額特別分配だったよ。こうなると、信託報酬払って税金払ってるみたいなもんだな。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

で、ワールドリート投資信託の比較だが。現時点のワリートの損益は、だいたい+10.53%ってとこか。なんとか、先月よりは盛り返したな。

続いてEXE-iグローバルREITファンドだが、こっちも上昇して約+22.48%ぐらいか。で、パフォーマンス差の方は11.95%と、また過去最高記録更新したのかな。

今回の感想

そんな訳で、コストの低い米国ETFに投資したいけど、米国株の手数料が痛い貧民的には、EXE-iは悪くなさ気に見える。資産額も増えてるみたいだけど、この手のファンドのシェアとしてはまだまだ低いのか。

モーニングスター [ アナリストの視点(ファンド) インデックスファンドシリーズ勢力図―熾烈なコスト競争、古参の逆襲開始?  2017-05-11]

あとは、もう少しラインナップを増やして欲しいかな。この手の商品検討してる人には需要少ないかもしれないけど、個人的には高配当株ETFとかがあるといいんだけど。日本の取引所に上場してるETFだと、米国株限定だけど1589iシェアーズ米国高配当株ETF-JDR(MS配当F)あたりが候補なんだが。

iシェアーズ米国高配当株ETF-JDR(MS配当F)【1589】:ETF – Yahoo!ファイナンス

この手の外国籍ETFは内容は良くても、出来高が低くて下手すると投信よりコストかかりそうで敬遠しちゃう。